燃費でお悩みのあなたにこそ、「現車合わせの安心感を」

現車合わせの空力チューンの例

 

現車合わせだからこそできる「確かな」空力チューン

同じ車種であってもグレードやマイナーチェンジなどによって、車体形状は大きく変化することは普通にあります。純正オプションなどによってスポイラーやウイングが付いていたり、インナーフェンダーやストレーキがあったりなかったり、既に社外のエアロや車高を下げている、などなど状態は千差万別と言っても過言ではありません。

 

「餅は餅屋」に頼むべし

何となくやり方や考え方がわかっていても、いざ自分の車を前にするとどうしたらいいかわからなくて、半信半疑で行ってしまった空力チューン。そんな怪しい状態で行った空力チューンが満足する効果を発揮するでしょうか?言わずもがな、「NO」です。

 

理論と経験に裏打ちされた「本物」をあなたに

私はワゴンRで「燃費に特化した空力チューン」を行い、S2000では「速さに特化した空力チューン」を行ってきました。燃費と速さは相反するものと考えるのが普通ですが、空力の理論は何ら変わるものではありません。ただ理論の応用の仕方が違うだけです。実際に空力の理論を燃費向上することだけに応用したワゴンRの実燃費は、なんとカタログ燃費の150%に到達しています。もちろんこの領域に到達するまで、膨大な量の試行錯誤が必要でした。その中で培ってきた理論と経験はワゴンRだけに留まらず、大型トラックから軽自動車まで幅広く対応できる「本物」の空力チューンであると断言できます。

 

現車合わせの空力チューンの依頼は↓から!

 

現車合わせの空力チューンをご要望の方は上記の「お問い合わせ」からお願い致します。

 

燃費だけでなく、それ以外の空力のお悩みにも対応

 

・会社のトラックや社用車の燃費を上げたい
・自分の車にとって最善の空力チューンを提案してほしい
・もっとダウンフォースを稼ぐ方法を一緒に考えてほしい
・風切り音を減らして快適なドライブがしたい
・高速道路で風に煽られてフラつくのを改善したい

 

などなど、燃費以外のお悩みも「お問い合わせ」からお待ちしております。


HOME 空力チューンで実燃費30km/Lを超えろ! サルでもわかる「空力」講座 速く走るための空力チューン大特集!