オープンカーあるある

「オープンカーってどんな感じなのかイメージできない!」という人のために、セカンドカーとしてS2000に乗っている私がオープンカーあるあるについてお話してみようと思います。

 

オープンカーに乗ったことがない方はイメージを膨らませていただいて、すでにオープンカーに乗っている方は「それわかるわ〜」と共感してもらえたら嬉しいです。

 

@意外とオープンにして走ることが少ない

私はS2000に乗るときは基本的にオープンにして乗りますが、街中で目にするオープンカーってほとんど幌を閉めたまま走っていませんか?

 

私からするとせっかくオープンカーに乗っているのに、なんで幌を閉めたまま走っているのか正直意味がわかりません。「そういう気分じゃない」と言われてしまったらそれまでですが、なんだかもったいないなと思ってしまいます。

 

考えられる原因としては、

街中でオープンにするのは恥ずかしい
街中でオープンにしても気持ちよくない
暑くて無理or寒くて無理
助手席の人がオープンを嫌がる

こんなところでしょうか?
私は田舎に住んでいるので都会でオープンにしたことはありませんが、都内でオープンにして乗ることを想像しただけで「オープンにしたくないかも」と思いました。
都内の混雑した道でオープンにしても気持ちよくないだろうなって思います。やはりオープンカーで走りたいのは景色の良い空いてる道が良いですもん。

 

A納車してすぐの間はどんなに近場の移動でもオープンにしてしまう

私がそうでした。S2000に乗って近所のコンビニやスーパーに行くってだけなのに、わざわざオープンにして乗っていました。きっと念願のオープンカーに乗れた喜びと、自慢したい気持ちが強かったんでしょうね。

 

今ではそんな気持ちもすっかり落ち着きましたが、当時はS2000に乗っている時間は全てオープンにして乗っていました。納車してすぐの日、お天気雨が降ったり止んだりした時も、お天気雨に合わせてオープンにしたり閉じたりしていました。今思うと、滑稽だななんて思いますが、それも含めて良い思い出です。

 

B1回エンジンを掛けるとつい遠出してしまう

私は休日しかS2000に乗らないため、ひとたびS2000を目覚めさせてしまうとなかなかS2000から降りません。S2000を気持ちよく走らせられる場所に行ったり、オープンが気持ちいい場所まで走ったりするので、自然と1回エンジンを掛けるとついつい遠出になってしまいます。

 

C急に身だしなみを整えるようになる

オープンカーに乗っていると否応なしに注目を集めます。
街の人は、「いったいどんな人が乗っているんだろう」と興味津々です。

 

そうです。オープンカーに乗っていると見られるんですよ。「車はかっこいいけど、乗ってる奴はかっこ悪い」なんて思われたくないですもんね。だから自然と身だしなみを整えてから乗るようになります。

 

実際私も、シルビアに乗っていたときはそこまで身だしなみを気にすることはありませんでしたが、S2000に乗り換えてからというもの、身だしなみを気にするようになりましたよ。きちんとひげを剃り、寝癖は直し、寝間着で運転しなくなりました。私以外の人からすればオープンカーでなくとも当然の身だしなみかもしれませんが、私はS2000に乗ってから身だしなみを整えるようになりました。(笑)

 

D運転席と助手席、2脚同時に同じフルバケに替えたくなる

私はS2000のシートを純正オプションの赤黒本革シートから、レカロのRS-Gに交換していますが、もちろん運転席と助手席両方です。やはりオープンカーは内装も外から丸見えなので、シートもかっこいいものを入れたくなります。さらに運転席だけフルバケにすると助手席と違うシートになってしまうのが私は許せません。

 

実際にS2000のオフ会に行って色々なS2000を見ましたが、私のように運転席と助手席を同じフルバケ2脚で揃えている人が圧倒的に多かったです。レカロのRS-Gに交換している人が多く、次いでブリッドのフルバケが多かったです。

 

ちなみに私のS2000に付いているレカロRS-Gは2015年限定モデルで、世界500脚限定のスーパーシュタルクを運転席と助手席に入れています。S2000の赤い革内装と、スーパーシュタルクの肩回りの赤いアクセントが超お気に入りです。ヤフオクで即決にて落札しましたが、全て中古にも関わらず、スーパーシュタルク2脚と専用レールで30万円弱となかなか値が張りましたが、フルバケ最高ですよ!

 

E意外と風の巻き込みが少ない

私も乗ってみて驚いたことなんですが、「風の巻き込みが少ない」んです。もっと髪がぐちゃぐちゃになることを想像していたんですが、いざ乗ってみると頭上をそよ風が吹いているくらいしか風が巻き込んできません。ウィンドウを上まで上げているとほとんど風が巻き込んでくることがなく、下手するとオープンにしていることを忘れてしまうほどです。

 

なので私は基本的に窓は全開にして乗っています。その方がオープンエアーを感じることができますからね。

 

F野ざらしで放置することに心が痛む

青空駐車をしていると、直射日光によってどんどん幌が痛みます。私は休日しかS2000に乗らないので、平日は直射日光に晒され続けています。

 

これが精神衛生上よくありません。お金持ちの人はシャッター付きガレージにしまっておけば問題ありませんが、私のような庶民にはそれは叶わぬ夢です。なので私はS2000をすっぽり覆ってくれる専用サイズのカバーを買って精神的な健康を保っています。やはり紫外線はお肌だけでなく、幌にとっても害悪なんですね。しっかりと紫外線対策しなければお肌と一緒で、ボロボロになってしまいますよ。

 

G野良猫に殺意が沸く

S2000納車からまだ間もない頃の話です。私は平日はワゴンRに乗って通勤しています。その日の仕事を終え、ワゴンRで帰宅すると、納車したばかりのS2000の幌の上になんと野良猫が休んでいるではありませんか!

 

このときは生まれて初めて野良猫に殺意が沸きましたね。
ワゴンRから飛び降りて、野良猫を追い掛け回しました。(笑)
それぐらい許せなかったんです。

 

その日の夜、私はすぐにS2000用の一番良さげなカバーを何のためらいもなく注文しました。
安心を買うと思えば安いもんだ!と自分に言い聞かせて。

 

Hオープンで走る高速道路はめちゃめちゃ愉しい

日常の嫌なこと、全部忘れてしまうくらい愉しいです。
実際何度か会社に乗っていったことがありますが、ワゴンRだとなんてことない高速での通勤が、S2000だと非日常になります。

 

あまりの気持ちよさに、その日どんな仕事をするのかしばらく思い出せないほどに、ストレス発散できます。
これはぜひ一度体感して欲しいオープンカーの魅力の一つだと私は本気で思っています。

 

Iオープンにしないと音がこもり、ガタガタうるさい

オープンカーはオープンにして乗っているときに最高のパフォーマンスを発揮するためなのか何なのかわかりませんが、オープンにしないとガタガタピシピシやかましいです。さらにS2000の官能的なエキゾーストノートもこもりがちで、なんだか耳障りに感じるほどです。

 

これが一転、オープンにするとあら不思議!
ガタガタ音やピシピシ音は一切気にならなくなり、こもりがちだったエキゾーストノートが嘘のように、突き抜けるような甲高いVTECサウンドが響き渡ります。これがもう最高で筆舌に尽くしがたい気持ちよさなんですよね。9000まで回る迫力のVTECサウンドを心行くまで堪能するには、「オープン」にするしかありません。

 

J不思議と人が寄ってくる

車好きだけでなく、あまり車に興味や関心がない人でも不思議と話しかけてもらうことはあります。友達の家にS2000で遊びに行くとなぜか家の人が全員見に来たり、彼女の家に挨拶しに行ったときもなぜかみんな見に来ていました。(笑)

 

これはS2000の持つ魅力なのかもしれませんが、家中の人が車を見るために外に出てくるなんて奇妙なことはS2000以外では起きたことはありません。(笑)

 

K女子ウケが良い

「髪が乱れるから」とか「日焼けしたくない」とか女性陣はオープンカーに否定的な意見が多いですが、私の経験上いざ実物を見ると乗ってみたいという女子がほとんどです。

 

口では否定的な意見を言いますが、天邪鬼で本当は興味があるのかもしれませんね。
普通車で窓を開けても嫌がらず、むしろ気持ちいいと感じる女性の場合、オープンカーを気に入る可能性大です。

 

実際私の嫁も口では否定的なことを言っていましたが、いざ乗せてみると愉しいみたいです。私がシルビアに乗っていたときから嫁は窓を開けて外の空気を愉しんでいたので、もしかしたらと思ってS2000に乗せてみましたが、予想通り気に入ってくれたようです。

 

L走っている限り、雨に濡れない

不思議なことに走行中に雨に降られても、止まらない限り、ほとんど雨に打たれることはありません。これはスピードが上がるほど顕著になり、高速道路を走行中に突然雨が降ってきたとしても大丈夫です。

 

しかし、止まると雨に打たれない「魔法」が切れて、ずぶ濡れになるので注意してくださいね。(笑)

 

まとめ

これまで、私が思いつく限りの「オープンカーあるある」を挙げてきましたが、楽しんでもらえたでしょうか?
オープンカーにこれから乗るという人には良い参考に、すでにオープンカーに乗っている人は共感できるポイントがあれば私も嬉しいです。

 

こんな愉快な乗り物は他にありません。ぜひオープンカーの愉しさを味わってみてください。


HOME 空力チューンで実燃費30km/Lを超えろ! サルでもわかる「空力」講座 速く走るための空力チューン大特集!