スポーツカーを愉しむ | スポーツカー選び・チューニング・ドラテク・売買の仕方など

残クレは新車だけではない!中古車購入にも使える

新車購入ですっかりお馴染みになった残クレ(残価設定型ローン)ですが、中古車購入にも残クレが使えることをあなたはご存知ですか?「え?残クレって新車購入の時しか使えないんじゃないの?」「残クレって月々の支払いを低く抑えることができるやつでしょ?中古車購入にも使えるならぜひ検討したい!」など残クレが中古車購入時に使えること自体を知らない方も多いと思います。そこで、ひとまず残クレってなんだっけ?というところから始まり、残クレのメリット・デメリットに触れていきたいと思います。

 

残クレ(残価設定型ローン)とは?

あなたが300万円の車を残クレで3年払いで購入するとします。3年後に100万円で車を買いとってあげるから、あなたは300万円から100万円を引いた200万円を3年かけて払ってくれればいいよ、というのが残クレ(残価設定型ローン)の簡単なルールです。

 

抜粋:レクサス残価据置型スマートバリュープラン

 

3年かけて200万円をきちんと払った!その後はどうなるの?

あなたは次の3つの選択肢から今後どうするか決めなくてはなりません。

車を返却(売却)する

残クレの基本はこれです。残クレは「どうせ3年後にあなたは車をディーラーに返却(売却)しに来るから、そのときまで待つんじゃなくて、買ったその時に買取金額分(100万円)を渡しておくね」というものです。あなたが、残クレで買った車に特別乗り続けたいといった気持ちや愛着などがなければ、車をディーラーに返却するのが最も自然な流れになります。

 

他の車に乗り換える

この選択肢は、上の「車を返却する」とセットの選択肢になります。「もう3年も乗ったし、そろそろ他の車に乗り換えたいな」という気分になるのもごくごく自然なことです。残クレはそんなあなたの希望にも応えてくれます。残クレは3年後にあなたが車をディーラーに返却した段階で、ミッションクリアとなります。そのため、次の車を再び残クレで買うもよし、普通にローンを組んで買うもよし、はたまた現金一括払いで買うもよしです。再び残クレを利用して車を買う際は、他のメーカーに乗り換えても全く問題ありません。最初はトヨタ車を残クレで買ったけれども、次はホンダ車に乗りたいということで3年後に残クレでホンダ車に乗り換えるのもOKですよ。

 

乗り続ける

「初めは遊びのつもりで付き合ったあの娘だけど、気づけば本気で愛してしまった」なんていうことはよくあることですよね。遊びのつもりが付き合っていく中で相手の魅力に気付き、いつしか虜になってしまったということは何も男と女の話だけではありません。あなたと車の間にもあるかもしれませんよ?そんな恋心が積もってしまったあなたにも救済措置がきちんと用意されています。残クレは3年後に車を返すから前もってその買取金額分を差し引いた金額を払うというルールですよね?ならば3年後、ディーラーが買い取るはずだったその車をあなたが買い取っちゃえば良いんです!これぞ略奪愛。(笑)
支払いの最終回に100万円を払えば、死がふたりを分かつまで一緒にいられます。

 

残クレのメリット

月々の支払いが安い

残クレのメリットは何といっても「月々の支払いが安い」ということでしょう。仮に300万円の車を3年フルローンで買うのに比べて、残クレは3年後の残価を100万円とすれば、3年間で300万円-100万円=200万円支払えば良いんです。単純計算で月々の支払いがフルローンに比べて2/3になるということです。月々の負担が軽くなることで、中古車購入のハードルがグッと下がったのではないでしょうか?

 

ワンランク上の車に乗れる

残クレのメリットは月々の支払いが安くなることです。例えば月5万円までなら払えるという人がいるとして、普通にローンを組むと欲しかった車は月5万円だとします。それが残クレを使うことで月3万円の支払いになったとします。すると月々の支払いに2万円の余裕ができます。その2万円を追加することで欲しかった車よりワンランク上の車にも手が届きます。

 

残クレにもデメリットはある!意外な落とし穴に注意!

これまでの話を聞くと、「なんだ、残クレって最高じゃん!普通にローン組むなんて馬鹿らしい」なんて思ってしまうかもしれません。メリットしかないように見える残クレにもデメリットはあり、扱い方を間違えれば大きく損をしてしまいます。残クレの意外な盲点をピックアップしたので確認してください。

 

走行距離に制限がある

残クレには走行距離の制限があるものがほとんどです。具体的な数字は残クレを扱う店によって変わってきますが、3年間で何万kmまでならOKというボーダーラインが決まっています。そのボーダーライン以上に走行距離が嵩んでしまうと車の価値が下がってしまいますので、査定が下がった分は最終支払い回にあなたが負担しなければなりません。どのメーカーの残クレでも何km超過するごとに何円などと決まっているので、実際に3年間でどれくらいの走行距離になるのか予め見積もる必要があります。

 

事故ったら査定が大幅ダウン

この事実を知らないで残クレを利用する方は多いのではないでしょうか?3年後に100万円で買い取ると先に決めておいてから残りの金額を支払うのが残クレのルールですが、それはあくまで事故や自然災害などによる車体の損傷がない場合の話です。仮にあなたが信号待ちで止まっているときに追突されて車が損傷した場合、あなたに非が全く無かったとしても車の価値は大きく下がります。事故によって査定が下がった分、あなたが最終支払い回に負担しなくてはなりません。考えたくもないですが、もらい事故によって全損・廃車になった場合、最終支払い回でかなりの負担を強いられることになります。この掟を知らないで残クレを利用するのは本当にマズイですよ。

 

2重で金利を払う可能性も

3年後に車を買い取って乗り続けるという選択肢が残クレにはあることを既にお話しました。買い取る場合、基本的に最終支払い回で一括払いをしなくてはなりません。ですが、一括で支払うのが困難である場合、分割払いにすることができます。分割払いにできてラッキーと思うかもしれませんが、最終支払い回を分割払いにすることで余計な金利を支払わなければなりません。これが曲者で、最終支払い回を分割払いにすることで金利が2重になります。その結果、支払総額が高くなり、あなたは損をします。やはり残クレで出会った車とは恋に落ちてはいけなかったのですね。最初から買い取るつもりで車を購入する場合、残クレで買うのは賢い方法とは言えません。現金一括で支払うのが理想ですが、難しい場合は通常のローンを利用しましょう。

 

マフラー交換やエアロ、車高調などの改造・チューニングはできない

残クレで購入した車はチューニングや改造ができません。基本的に買った状態のまま3年後にディーラーに返却するルールですので、マフラー交換やエアロ、車高調などの定番チューンはルール違反です。買った状態のままならOKですので、購入時に純正オプションを利用してエアロを付けたり、ホイールを変えたり、マフラーを変えたりするのは全く問題ありません。ですがせっかくの愛車なのに自分好みに染められないなんてなんとも歯がゆいですよね?

 

まとめ

新車購入時の特権だと思っていた残クレも中古車購入に使えるようになってきました。ですが、残クレのメリット・デメリットは新車でも中古車でも変わりません。あなたが車を買うときに、残クレを使った方が自分にとってメリットが多いと思えば残クレを利用すれば良いと思いますし、逆にデメリットが気になるようだったら使わなければ良いだけの話です。ですが、知っていて使わないのと知らないで使わないのとでは大きな差があります。よりよい選択をするために情報は多いに越したことはありません。その情報をもとにあなたが自分の責任で決断してください。

 

ちなみに私は絶対に残クレを利用して車を購入したいと思いません。なぜなら、スポーツカーを全く弄らずに乗るなんてつまらないし、絶対にぶつけないなんて自信はありませんからね。


HOME 空力チューンで実燃費30km/Lを超えろ! サルでもわかる「空力」講座 速く走るための空力チューン大特集!