登録済み未使用車とは?

登録済み未使用車は「中古車」であるということを頭に入れておいてください。登録済み未使用車というより、新古車という方が馴染みがあるなぁという方もいらっしゃると思います。

 

登録済み未使用車の別名

届出済未使用車や未使用車、新古車などと呼ばれており、呼び方は違うものの、状態はどれも同じものです。
新車登録だけしてあって、実際に走行することはなかった車が登録済み未使用車です。特徴として、走行距離が100km未満であったり、登録期間が数か月であったりとほぼ新車と言って間違いないコンディションの車が登録済み未使用車の特徴であると言えます。

 

なぜ登録済み未使用車が市場に出るのか

「ほとんど新車みたいな車を手放すなんて頭がおかしいんじゃないの?」
って思いますよね?車を買った人がほぼ乗ることなく手放すなんて普通ありえません。ではなぜ、登録済み未使用車なんて不思議な車が市場に出回っているのか。それは、

「ディーラーのノルマ達成のため」なんです。

ディーラーには自動車メーカーから「月に何台車を売れ!」のようなノルマが課されます。その車種が人気車種だったりよく売れる地域なら自然とノルマをクリアすることは予測できます。ですが、その車種が不人気車だったり、その地域に全く需要が無かったりしたら当然売れませんよね?これではノルマを達成できません。ノルマをクリアするとディーラーからスペシャルボーナスが支払われます。「ノルマをクリアしなかったら冬のボーナスは無しだ」なんて上司に言われたら必死こいてノルマをクリアしようと策を練りますよね?

 

そうです。ディーラーは策を練りました。スペシャルボーナスを手に入れるために。

そうだ!自分で買っちゃえばいいんだ!

ノルマがクリアできそうにない車は自分で買って、登録だけしちゃえばOK!という戦略にでました。しかし、ディーラーはその車持っていても意味がありません。ノルマ達成のために自分で買った車、はっきり言って損益なんです。少しでも損しないようにするにはどうすればいいか?

 

未使用のうちにさっさと売っちまえば高く売れる!

早いうちにノルマ達成のために買った登録済み未使用車を、中古車店や未使用者専門店などに売って買い取ってもらうことで、ディーラーは損を最小限に、中古車屋は新車同然の車を安く手に入れることができます。こうして登録済み未使用車という訳の分からない車が中古車市場に出回るんですね。

 

登録済み未使用車のメリット

新車同然なのに安く買える

最初に言いましたが、登録済み未使用車はれっきとした中古車です。ノルマ達成のために登録してから数か月ほど経過した車がほとんどですので、車検や保証期間も数か月分がマイナスの状態なので、コンディションは新車同然にも関わらず、新車に比べて安く買うことができます。新車が安く買えるって何よりのメリットですよね!高級車に比べ、利益の少ない軽自動車はほとんど値引きされませんが、登録済み未使用車になるとお得に購入することができます。私の嫁も最初のマイカーは両親に登録済み未使用車の軽自動車を買ってもらっていました。とても賢い選択だと思います。

 

納車が圧倒的に早い

基本的に自動車メーカーは注文を受けてから生産をスタートする受注生産という形を取っています。自動車メーカーも、この車種は月にこれぐらい売れるだろうから部品の供給や生産ラインはこれぐらい用意しておけば大丈夫だろうと予測を立て、準備します。ランボルギーニ初のSUVなどのように自動車メーカーのはるか上をいく注文が入ったりすると、納期が3年になったりします。生産する設備も部品も人も足りなければ当然納期が遅くなるのは理解できると思います。

 

このようなことが起きないのが中古車の時間的メリットです。中古車はすでに目の前にあるので、ほぼ新車同然であっても名義変更などの手続きさえ済ましてしまえば簡単な整備をしてすぐに納車することができます。ごく稀に納期が長い新車よりもすぐに納車される中古車の方が値段が高いということも起こります。これは、コンディションよりも早く乗りたいという方が多いときに稀に起きます。新車で買える車を新車よりも高いお金を払って中古車を買う人がいるんだから驚くばかりです。その人にとって早く乗れることが何よりの価値なんでしょうね。時は金なりです。

 

新車保証を受けられる

登録済み未使用車は、登録しただけの未使用車のため、新車保証の継承を行うことができます。今の日本車はほとんど壊れませんが工業製品である以上、初期不良などはゼロではありません。少しでも不安な部分は取り除きたいですよね?登録済み未使用車なら充実保証の新車保証を受ける事が出来ます。

 

登録済み未使用車のデメリット

グレードや仕様を変更できない

登録済み未使用車は新車に比べて選ぶ自由が残されていません。新車はこんな風にしたいという注文を受けてから生産を始めます。そのため、選べる範囲で色やグレード、カーナビ等々自分好みの1台にすることができます。対して登録済み未使用車は既に目の前に存在しているのです。その状態を気に入ればとてもお得ですが、気に入らなかったら他を探すか、妥協して目の前の登録済み未使用車を買うか判断しなければなりません。また、工場出荷時に付けるようなメーカーオプションの類も後から選択することができません。このように選択肢が狭まることが登録済み未使用車のデメリットです。

 

車検や新車保証の有効期間が短い

登録済み未使用車は数か月前に登録されているため、登録した日からあなたが登録済み未使用車を購入するまでの期間、車検や新車保証の有効期間が1日1日少なくなっていきます。こればっかりはどうしようもない事なので仕方ないと諦めましょう。

 

ワンオーナー車ではなくなる

あなたが登録済み未使用車を購入しオーナーになったとき、その車はワンオーナー車ではなくなります。ワンオーナーに比べると買取の査定が若干不利になるかもしれません。もちろん「乗り潰すまで乗ってやる」という方なら何の問題もありません。あまりデメリットとは言えませんが、気になる人には気になる所なのかもしれません。私は全く気になりませんが。(笑)


HOME 空力チューンで実燃費30km/Lを超えろ! サルでもわかる「空力」講座 速く走るための空力チューン大特集!