ライトウェイトスポーツの魅力

 

出典:マツダ ロードスター

 

街中や峠を普通に走るだけで愉しめる、
ライトウェイトスポーツの魅力についてお話していきたいと思います。

 

ライトウェイトスポーツとは?

そもそもライトウェイトスポーツとはなんでしょうか?
ライトウェイトスポーツとは文字通り、「車重の軽いスポーツカー」のことを指します。
一般的に、車重1000kg以下のスポーツカーのことをライトウェイトスポーツと呼んでいます。

 

ライトウェイトスポーツの特徴

圧倒的な軽さ

ライトウェイトスポーツカーはとにかく車重が軽いことが特徴になります。
一般的なセダンなどは1500kgから2000kgぐらい車重があることがほとんどですが、ライトウェイトスポーツはまさかの1000kg以下の車重です。なんと一般的なセダンの約半分しかありません。

 

車内は狭く、2人乗りが多い

ライトウェイトスポーツカーは必然的にコンパクトな車体になるため、2人しか乗れない場合が多いのも特徴の一つです。これも仕方ありません。軽く作るにはコンパクトにした方が簡単です。体重を50kg以下にするのに身長150pの人と180pの人では難易度が桁違いですよね?
身長が高いとそれだけ骨格が大きくなり、重くなってしまいます。車の場合もその原理は全く変わりません。

 

なぜライトウェイトスポーツカーは魅力的なのか

 

出典:ケーターハム

 

ライトウェイトスポーツカーはとにかく愉しい車なのは間違いありません。
その愉しさがどこから来るのかと言われれば、「車体の軽さ」と答えます。
なぜ、ライトウェイトスポーツカーは愉しいのか説明していきますね。

 

車体が軽い=キビキビ走る

ライトウェイトスポーツカーは車体が軽いため、キビキビ走ります。別の言葉では軽快に走るとも言います。
アクセルやブレーキ、ハンドル操作全てに俊敏に反応してくれることが気持ちいいんですよね。
極端な例えになりますが、大勢の人を乗せて移動するのに便利な大型バスがありますよね。あの大型バスは車体が大きくてかなり重いです。そのため、バスは動きがまったりとしていて乗客が快適に過ごせるようになっているのはなんとなくわかると思います。つまり、車重が重い車はどんなに頑張ってもキビキビと走ることができないんです。もし仮に車重1000kg以下の大型バスがあったとしたら、キビキビ走れるようになると思いますが、乗客はバスの運転手の運転操作によって前後左右に忙しなく揺すられ、快適性が大きくダウンしてしまうでしょう。

 

交差点や峠のちょっとしたコーナーが愉しい

車体の大きいセダンやSUVで走っていると気づくことができない愉しみがライトウェイトスポーツカーにはあります。大柄なセダンやSUVは横幅が広く、車線いっぱいになっている車が多くあります。それに対してライトウェイトスポーツカーは軽量コンパクトな造りのため、車線に対して横幅に余裕があります。

 

これが何をもたらすか?
ライトウェイトスポーツカーはコンパクトな造りゆえに、車線を割ることなく「アウト・イン・アウト」なライン取りで交差点や峠のコーナーを駆け抜けることができます。これってめちゃめちゃ愉しいんですよ!レーサー気取りで交差点や峠のコーナーをアウト・イン・アウトなライン取りで走っても周囲の車に迷惑は掛かりません。なんてったってコンパクトですからね。

 

アクセルをべた踏みできる

ライトウェイトスポーツカーって比較的パワーのない車が多いです。簡単に言うと、アンダーパワーな車が多いんですね。私が小・中学生だった頃、親父がホンダ・ビートに乗っていました。おもちゃみたいに小さかったことをよく覚えています。ビートは軽自動車だったためエンジンパワーは全然ありません。街中では周りの車に付いていくので精一杯の動力性能しかないため、必然的にアクセルべた踏みでエンジンをぶん回して乗らないと遅れをとってしまうんですよね。

 

公道を走る=サーキット走行?

「ライトウェイトスポーツカーの魅力は車体が軽いだけでしょう?」
なんて早合点する方がいるかもしれませんが、そうではありません。これまで書いてきたように、ライトウェイトスポーツカーには軽くてキビキビ走る以外にも魅力があるんです。

 

それは、
公道を法定速度で走っているだけなのに、まるでサーキット走行をしているかのような気分を味わえることなんです。
 
これがライトウェイトスポーツカーの最大の魅力だと私は思います。
S2000と比較してみるとよくわかります。S2000でアクセルべた踏みでエンジンをぶん回して運転したらどうなりますか?あっという間にお巡りさんに捕まって免停になることでしょう。それに交差点や峠をアウト・イン・アウトで気持ちよく走ったらどうなりますか?速すぎて間違いなく前を走る車に激突してしまいます。
 

 

出典:日産GT-R

 

つまり、S2000って街中や峠を気持ちよく走らせることって現実的に不可能なんですよね。これはS2000に限った話ではなく、GT-RやフェアレディZなどの重量級大パワー車はこの傾向がさらに強まります。
 
速いスポーツカーって公道でポテンシャルを引き出すような気持の良い走りってできないんですよ。私もS2000のオーナーになってから公道を走ると気持ちよさよりも、気持ちよく走らせられないストレスを感じることが多いのが本音です。S2000をS2000らしく走らせるにはそれ相応の場所、つまりサーキットでなければ本領発揮することはできないのです。
 
でも、ライトウェイトスポーツカーは違います。軽量コンパクトな車体とアンダーパワーなエンジンの組み合わせによって、街乗りでもアクセルべた踏みでエンジンをぶん回せますし、交差点や峠をアウト・イン・アウトで気持ちよく走ったとしても、絶対的速度が低いために法定速度内で十分愉しめます。
 
実際にやっていることは、S2000で言えばサーキット走行をしているのと大差ありません。スピードレンジがライトウェイトスポーツカーとS2000などの速いスポーツカーが異なるだけで、本質的にやっていることは変わりません。
 
「公道を走ることが、サーキット走行になる」
これこそがライトウェイトスポーツカーの魅力であり、醍醐味です。


HOME 空力チューンで実燃費30km/Lを超えろ! サルでもわかる「空力」講座 速く走るための空力チューン大特集!