燃費は言うほど悪くない

 

出典:ホンダNSX

 

スポーツカーを乗るのに燃費なんか気にしていられるか!という方は問題ないと思いますが、私もそうですが、燃費って実際どうなのか非常に気になるポイントですよね?リッター5.6kmしか走らなかったとしたら彼女や嫁さんから白い目で見られてしまうのも無理はありません。そこで、彼女や嫁さんの説得材料としても、スポーツカーの燃費の現実を知っておく必要は十二分にあります。カタログ燃費と実燃費、まずはその違いを見ていきましょう。

 

カタログ燃費とは

 

出典:bestcarweb.jp

 

カタログ燃費とは自動車メーカーが公表している燃費データです。もともと燃費の測定は一定の速度(60km/h)で行う定地燃費でした。実際に車を乗っている人じゃなくてもわかると思いますが、公道を60km/hで走り続けることなんてまずありえませんよね?そうなんです、初期の燃費は理想的な条件を想定した机上の空論だったのです。自動車メーカーも少しでも良い燃費を叩き出そうと、60km/hのときにもっとも燃費が良くなるようにミッションのギヤ比やエンジンの出力特性を合わせることに躍起になります。

 

その結果、カタログに記された燃費データと実際の燃費(以後、実燃費とします)はかけ離れた数値になりました。あまりにも実燃費と異なるため、ユーザーから不満がたまり、このままだとまずいと判断した運輸省は新しい燃費測定を生み出しました。

 

10・15モード燃費とJC08モード燃費の違い

より実走行に近づけようと考え出されたのが10・15モードの燃費測定法で、市街地と郊外を走ることを想定した燃費測定法になります。ですが10・15モードの燃費測定法は、実走行ではなくダイナモ試験によって測定されます。試験内容を見ても実走行に比べて緩く、実燃費と大きな差があります。

 

「実燃費と全然違うじゃないか」
というユーザーからの批判を受け、さらに改良された燃費測定法としてJC08モードが考案されました。JC08モードも10・15モードと同様にダイナモ試験によって測定され、試験内容が少し厳しくなりました。一般的に10・15モードに比べてJC08モードの方が燃費は悪く、10%ほど低い数値が出ます。

 

ATとMTでルールが異なる?

 

出典:STI

 

AT車とMT車で燃費を測定するときのルールが違うのです。AT車は特に決まったギヤがありません。ですが、MT車は燃費を測定するときのギヤが決まっています。車種によってどのギヤを使うのかは変わってきますが、6速のマニュアルミッションを持つS2000やR34GT-Rが5速までしか使っていないという可能性も十分に考えられます。そのため、MT車はカタログ燃費よりも良い実燃費を叩き出すこともあります。また、エアコンやオーディオの使用は考慮されていないため、余計な電装品の付いていないスポーツカーはカタログ燃費より良い結果を出しやすいと言えます。

 

実際、スポーツカーの燃費ってどのくらい?

 

出典:スカイラインGT-R(R33)

 

私はS15シルビアのNAに6年10万km、S2000に1年0.5万kmほど走っています。全てMT車で、S15に至っては元々AT車だったものを5速MTに載せ替えて乗っていました。S15はAT車のときはリッター10kmが限界でしたが、MTに載せ替えてからは安定してリッター12kmは走り、頑張れば13kmほど走りました。スポーツカーだから燃費は悪いものと考えていた方には驚きの数字ではないでしょうか?高速は一切使わず、渋滞の多い市街地を毎日通っていましたが、カタログ燃費のリッター12kmは普通に走っていました。

 

S15に乗っていたころはよく峠に走りに行っていましたが、燃費はほとんど変わらず、結構走ったな〜というときでもリッター11kmを割ることはありませんでした。この辺はS15に使われているエンジンがSR20DEという普通の乗用車用エンジンだからという点も大いに関係していると思います。事実、SR20DEはプリメーラなどの日産の普通乗用車に使われています。

 

逆に、S2000はS2000もカタログ燃費であるリッター12kmは大人しく走れば余裕で超えました。9000回転まで回り、250馬力を叩き出すレーシングエンジンさながらのF20Cは、回せば回すほど燃費が悪くなります。実際ぶん回して走った区間だけの燃費は計ったことがありませんが、おそらくカタログ燃費の半分にも満たないことでしょう。VTECは大人しく走ればカタログ燃費ぐらい走りますが、ついつい回してしまうので実燃費はS15に比べて悪くなりがちです。

 

MT車の実燃費を良くするコツ

 

出典:trucktorack.blog.fc2.com

 

普段は通勤用にワゴンRのMT車に乗っており、実燃費は22〜25km/?ぐらいは走ります。私のワゴンRの型式のカタログ燃費は10・15モードが23.5km/?、JC08モードが22.0km/?です。行きは高速で、帰りは下道の渋滞の多い道を通って通勤していますが、思いのほか良い実燃費を出していると思いませんか?私の乗っているワゴンRにはアイドリングストップやハイブリッドなどの燃費に寄与するハイテク機能は何も付いていない何の変哲もないただのMT車です。ハイテク機能といえばABSだけです。そのようなMT車でどうすれば実燃費を良くすることが出来るのか、私が実際に行っている運転方法をお教えします。

発進は最低限のアクセルで

ワゴンRは軽のNAなので本当にパワーがありません。ですが、クラッチを繋ぐ際にあまりアクセルを吹かす必要はありません。ノッキングしない程度で十分です。この感覚は実際に乗って身に付けてください。

ギヤチェンジは早めに行う

パワーのないワゴンRですが、ギヤチェンジは早めに行ってください。ワゴンRはタコメーターの付いていないスペシャル使用ですが、タコメーターのある車は2000回転以上回さないで運転することが鉄則です。2000回転以上回さずに流れに乗って走るのは普通車であれば容易い事ですが、軽でNAのワゴンRには正直しんどいです。2000回転以下で流れに乗って走るにはどうすればいいのか?そうです、ギヤチェンジをとにかく素早くするしかありません。(笑)クラッチを切っている間、エンジンの動力を伝えることはできません。その時間をなるべく短くするのが狙いです。MT乗りの腕の見せ場でもあります。

なるべくトップギヤで走る

5速あったら5速で、6速あったら6速で走るのが重要です。2000回転縛りでどんどんギヤを上げていき、トップギヤになったら2000回転縛りを解除して速度を上げていきます。そのため、40km/hしか出ていなくても5速に入れて走ります。実際にS15では40km/hで5速に入れて走っていました。私のS15はファイナルギヤを4.1から4.6に変更していたので40km/hから5速を使うことができました。ですので80km/hまで速度を上げたい場合、40km/hから80km/hまでの区間は5速のまま加速していました。

信号が赤になったらすぐにアクセルオフ&ニュートラルへ

アクセルを踏めば踏むだけガソリンを消費します。ならば、アクセルを踏まなければ良いのです。その考えを地で行くのが、赤信号を見つけたらアクセルオフです。街中では信号が赤になってもアクセルを踏み続けて、信号の目の前でブレーキをかけるドライバーを良く見かけます。赤信号は止まれですよね?信号に素直に従ってアクセルペダルから足を離せば良いのです。アクセルを離すことでエンジンブレーキが掛かり、緩やかに速度が落ちていきます。私の乗っているワゴンRなどはハイブリッド車に付いている回生ブレーキが存在しないため、ニュートラルにすると300mぐらいは軽く転がっていきます。これを利用しない手はありません。車種によって転がりやすさが大きく異なるので試してみてください。

歩行者用の信号に注目する

一般的に歩行者用の信号は、車道の信号より早く信号が青から赤に変わります。そのため、歩行者用の信号に注目することで、車道の信号が赤に変わるのを予想することができます。歩行者用の信号が赤になる時点でアクセルをオフにすれば、車道の信号が赤になるより先にアクセルをオフにでき、燃料をセーブすることができます。些細なことですが、実燃費を上げるのは地道なことの積み重ねです。

 

まとめ

以上がスポーツカー及びMT車の実燃費を良くするコツになります。本当に細かいことの積み重ねになりますが、私の運転方法の真似をしていただくだけで実燃費を良くすることができると思います。『千里の道も一歩より』、『ローマは一日にして成らず』です。MT乗りのプライドとして自らの技術で実燃費を良くしていきましょう。日々の努力の積み重ねが彼女や嫁さんの笑顔に繋がります。精進しましょう。


HOME 空力チューンで実燃費30km/Lを超えろ! サルでもわかる「空力」講座 速く走るための空力チューン大特集!