駆動方式とスポーツカー

駆動方式とは読んで字のごとく、「エンジンパワーを路面に伝えるスタイルの話」です。
車にはタイヤがフロントに2本、リアに2本の計4本あります。その4本のタイヤをどのように使って前に進むか、はたまたエンジンをどこに積むかでその車の特徴が見えてきます。

 

それでは、駆動方式とスポーツカーの奥深い世界に入っていきましょう。

 

駆動方式とは?駆動方式の基本的な考え方

駆動方式とは

エンジンを車体のどこに積むか
どのタイヤを使ってエンジンパワーを伝えるか

 

簡単に言うとこれだけです。
エンジンは燃料を燃やして走るため、熱と音、排気ガスが発生します。そのため人間はエンジンと同じ空間では生きられないので、人間は車体中央の「キャビン」と呼ばれる箱に居住スペースがあります。

 

エンジンはキャビンの前or後に積む

人間とエンジンは共存できないので、エンジンは大まかに
@キャビンの前
Aキャビンの後ろ
の2パターンの積み方になります。基本的にエンジンは車体を構成する部品の中で最も重いため、どこにエンジンを積むかで車の性格は変わってきます。

 

駆動輪は前2本か後2本、もしくは4本全部使うか

エンジンパワーを伝えるタイヤのことを「駆動輪」と言いますが、駆動輪のパターンは
@フロントタイヤ2本
Aリアタイヤ2本
Bフロントとリア全て使う4本
の3パターンあります。エンジンパワーを伝えるのが、前輪か後輪かはたまた4輪全部かで車の性格が変わってきます。

 

つまり、駆動方式とはエンジンをどこに積むか、駆動輪をどのタイヤにするかだけなのです。
大体駆動方式の基本的な考え方は理解できたと思いますので、具体的な駆動方式の走りの特徴について掘り下げていきましょう。

 

大多数の車は「FF」

 

出典:FFの駆動方式

 

今現在、地球上を走っている車の90%以上は「FF」という駆動方式を採用しています。車と言えばFFと言っても過言ではないほど、FFは駆動方式としてポピュラーなスタイルです。

 

FFとは?

エンジンは「」、駆動輪は「フロントタイヤ2本
FFはフロントエンジン・フロントドライブの略で、エンジンをフロントに積み、駆動輪はフロント2本です。

 

FFの特徴

FFの特徴は「全てをフロントで済ませる」ということができます。そのため、フロントにぎっしりとメカが詰まっている反面、リアはすっからかんです。一般的に「フロントヘビー」と揶揄されることもある駆動方式ですが、すべてをフロントに押し込んだことで、メリットもたくさんあります。

 

世界で最も売れているFFの「メリット」

室内が広く使える

FFはフロントに機能を集約させたため、キャビンから後ろはすっからかんです。そのため、空間を人間が快適に過ごせるように広々した設計にすることができます。「スペース効率が良い」ことが大きなメリットであり、小さい車体でもFFにすることで、広々とした車内空間を得ることができます。そのため、コンパクトカー、エコカー、ミニバン、SUV、セダンなどなどあらゆる車で採用されている駆動方式です。

 

パワーを無駄なく伝えられる=燃費が良い

FFのメリットはエンジンと駆動輪がフロントにあるため、パワーを無駄なく伝えることができるため、「駆動ロス」を小さくすることができます。駆動ロスが小さいということは、無駄がないということと同じです。つまり、燃料を無駄に消費する必要がなく、燃費が良いというメリットがあります。そのため、エコや低燃費が叫ばれる現代にマッチした駆動方式と言えます。

 

安定感がある走り

FFは駆動輪が前にあるため、「馬車」に例えられることが良くあります。
馬車は人間が乗っている荷台を馬が前から引っ張っていくスタイルですよね?この「前から引っ張る」というところにFF車のメリットである「安定感のある走り」が隠れています。
例えば、戦場で動けなくなった兵士をあなたがA地点からB地点まで歩いて移動させなければならないという場面を想像してください。兵士は持ち上げられないほど体重が重いこととします。そうすると兵士をどう移動させるかということになります。そうなると以下の2択になると思います。

 

@兵士を前から引っ張りながら歩く
A兵士を後ろから押しながら歩く

 

「前から引っ張るか」「後ろから押すか」の2択ですが、ほとんどの人が「前から引っ張る」でしょう。
なぜですか?前から引っ張る方が確実に行きたい方向に進めるからですよね?
後ろから押したのでは力の掛け具合で右に行ったり左に行ったりしてしまい、思うようにいきたい方向に進めませんよね。

 

何が言いたいのかと言うと、駆動輪が前にあるFFはフロントタイヤがぐいぐい前に引っ張っていくため、直進安定性が良く、運転が楽であるということです。

 

雪道に強い

FFは駆動輪であるフロントタイヤの上に重たいエンジンが乗っています。そのため、フロントタイヤが滑りにくく、雪道でもスタックしにくいのがメリットです。さらに駆動輪が前にあるため、滑りやすい雪道であっても直進安定性があり、運転しやすいのも大きなメリットでしょう。

 

走りの面では「デメリット」が目立つ

世界で最も売れているFFという駆動方式は、「室内が広い」「燃費が良い」「直進安定性がある」「雪道に強い」などなど「日常使いの車としては」文句のつけようがないほどに優れています。

 

ですがそれは「日常使いの車としては」という言葉が前に付きます。
走りを重視するスポーツカーとしてみるとFFの「デメリット」が目立ってきます。

 

合理性に欠ける

FFは「駆動輪」と「舵取り」の2つの仕事がフロントタイヤ2本に集中しています。
そうなんです。リアタイヤの仕事が「転がっているだけ」という状態なんです。普通に考えたら車に付いているタイヤ4本に仕事を振り分けた方が合理的ですよね?

 

従業員が4人の会社で想像してください。ある単純作業を2人だけに任せるのと4人全員でする場合を比べれば、普通に考えて4人でやった方が楽に早く仕事が片付きます。

 

FFは4人従業員がいても主に2人しか働かせることができないシステムなんですよね。私は合理主義なので、FFという非合理的な駆動方式がスポーツカーとしてどうにも好きになれません。スポーツカーではなく、普段使いの車として考えればこれ以上理にかなった駆動方式はないと思うくらいですけどね。

 

フロントヘビーでアンダーステア傾向

FFはフロントが重い「フロントヘビー」であるため、基本的にアンダーステアです。
コーナーを攻め込んでいくと、どうしても重いフロントの方が軽いリアより先に遠心力に負けて外側に流れてしまいます。簡単に言うと「曲がりにくい」のがデメリットです。FFには「タックイン」と呼ばれるFF特有のテクニックを上手く利用すればかなり速いコーナリングも可能です。タックインに関しては以下の記事にまとめたので気になる方は読んでみて下さい。
タックインとは? 

 

加えてフロントタイヤは「駆動輪の役目」も担っているため、フロントタイヤの余裕がありません。この考え方を「タイヤの摩擦円」と言いますが、タイヤの摩擦円に関しては以下にまとめたので参考にしてください。
タイヤの摩擦円のお話 

 

速いFF乗りはリアタイヤに仕事をさせる

 

出典:S耐

 

FFは一言で言うと「ツライ」駆動方式なんですね。
それはフロントタイヤ2本で頑張ろうとするからなんです。

 

速いFF乗りはフロントタイヤだけに仕事をさせるのではなく、リアタイヤにも積極的に仕事をさせます。
これはまさに優れた経営者の戦略と一緒です。

 

リアタイヤをサボらせている内はFF乗りとしてはまだまだなのかもしれませんね。

 

代表的なFFのスポーツカー

ホンダ シビックタイプR(EK9)

 

 

私にとってFFのスポーツカーと言ったら「シビックタイプR」の「EK9」です。
この丸っこい可愛いハッチバックと、B16Bという激速テンロクVTECを積んだ「ギャップ」がたまらない車です。
最初はこの車に乗りたかったんですが、予算の都合により叶いませんでした。(笑)
今でも街で見かけるとつい目で追いかけてしまいます。

 

まとめ

これだけたくさんのメリットがあれば、FFが世界で最も売れている駆動方式というのも納得できます。
スポーツカーとしては不利な一面も覗かせるFFですが、そんなハンデをものともせずFFを速く走らせる人はかなりクールだなと私は思います。


HOME 空力チューンで実燃費30km/Lを超えろ! サルでもわかる「空力」講座 速く走るための空力チューン大特集!