アルミテープチューンはやり方次第でマイナスになる

通勤用のワゴンRの実燃費はおよそ26.5km/L。
そんなワゴンRの燃費を良くするために障壁となっているのは「空気抵抗」であると考えた。そう、空気とお友達になれば自ずと燃費も良くなるのではないかというのが私の直感である。そこで私はワゴンRに空力チューンを施し、実燃費「30km/L」をコンスタントに叩き出すことを目標とした。これが「プロジェクト30」の始まりである。

 

今回のテーマは「外装にアルミテープチューンってほんとに効果があるのか」
眉唾物の疑問を実際の燃費データで検証してみる。
 

外装にアルミテープ貼ってもあまり意味がないという直感

出典:ボディ外装にアルミテープチューンを施す様子

 

私はそんな疑問が頭にふと浮かんできた。それは、「外装にアルミテープチューンを行ってもほとんど意味がないんじゃないか?」という疑問である。

 

なぜそう思うのか?

実際にボディ外装にアルミテープチューンを行って燃費が上がった事実はある。以下のコンテンツではボディ外装にアルミテープチューンを施し、燃費を約2km/L上がったデータがある(エアコン常時ONでの比較)。
空力チューン第3弾!トヨタ考案のアルミテープチューンの効果はいかに?

 

だが今の私ならこう考える。「えっ?たった2km/Lしか上がらないの?」
なぜなら空力チューン第3弾でボディ外装にアルミテープチューンを行った頃は30km/Lを未だ超えられないでいた初期の状態に近いのである。つまり「ちょっとした変化で簡単に燃費が上がる頃だった」というわけである。ものには限界というものがあり、燃費向上も段々と頭打ちになってくることは容易に想像できる。フルノーマルに毛が生えた程度だったので効果が出やすかったというわけだ。

 

33km/Lオーバーからのアルミテープチューンの真価を問う

 

空力チューン第8弾!純正ルーフスポイラーのお手並み拝見 の結果

 

空力チューン第8弾の純正ルーフスポイラー装着によってワゴンRは遂に33.1km/Lをマークした。
正直これはかなり頑張っている数字だと思う。実際問題、私が乗っているワゴンRはMH23S型のMT車であり、先進のエコなテクノロジーは存在しない。アイドリングストップやハイブリッドシステム、エコモード、クルーズコントロールなどなど何もなく、カタログ燃費は22〜23km/Lぐらいである(詳しい数字は覚えていない)。

 

頭打ちからのブレイクスルーとなりうるか?

正直もうそろそろ頭打ちになっていてもおかしくない次元である(カタログ燃費の約1.5倍!)。その領域であってもタイヤ近くのアルミテープチューンは絶大な効果があった。
空気抵抗低減だけが能じゃない!アルミテープで燃費を上げるもう一つの方法とは?
インナーフェンダーにアルミテープは有効か?いざ実践!
禁断の「アルミホイールにアルミテープ」、果たして効果は?

 

この3本立てでなんと3.6km/Lも燃費が上がっているのである。はっきりとタイヤ周辺のアルミテープチューンによるコロナ放電の有用性がわかる。それに対してボディ外装のアルミテープチューンはどれほど効果があるのか、フロントガラスで試してみることとする。

 

フロントガラスに貼るとどんな効果がある?

 

出典:トヨタ

 

上の画像はトヨタの資料である。この資料によるとガラスに静電気を帯電させた場合、その付近を流れる空気はガラスから離れて流れていることがわかる。また、帯電していない状態ではガラスの近くを空気が流れているということもできる。

 

走行中の車体から空気が離れていく?

トヨタの資料から言えることは「走行中の車体のそばを流れる空気は、静電気による帯電でボディから遠ざかっていく」ということだ。ガラスにアルミテープチューンを施すと、コロナ放電によって静電気の帯電が中和され、空気がボディ近くを流れるということだろう。

 

実際にフロントガラスに貼って試してみよう

 

出典:トヨタ

 

上の画像のようにフロントガラスの下の両端の黒い部分に1枚ずつ計2枚アルミテープを張り付けた。うっかり写真を撮り忘れてしまったので上の画像でイメージを膨らませていただきたい。一つ言えるのはワイパーの前に貼ったということである。

 

装着のねらい

トヨタの資料にもあったようにアルミテープをフロントガラスに貼り、空気の剥離を防ぐのが目的である。そのため、フロントガラスの下に張り付けた。

 

まさかの燃費ダウン!一体何が?

空気の剥離を防ぐことで少なくとも燃費は上がるものと思っていたが、現実の結果は上がるどころかまさかの「‐1.3km/L」という不本意な結果となった。

 

「アルミテープを貼ることで空気の剥離を抑えられ、燃費は上がるんじゃなかったのかよ!」
私は内心そう思った。だがよく考えてみると、フロントガラスにアルミテープを貼ると余計なことが起きることがわかった。

 

ボディの近くを流れるようになったことで、不本意な結果を招いた

トヨタの資料をよく見てみると、空気の流れを可視化する煙のようなものをワイパーを過ぎた辺りから吹き付けている。これが現実と違うのである。そもそもフロントガラス下部は空気の流れが遅い、圧力の高い領域である。そんな場所にアルミテープを貼ったらどうなるか?

 

答えは余計な空気抵抗を増やしてしまうのである。
本来は走行中はボディ外装は静電気が帯電してくる。その結果、ボディ側面を流れる空気は反発して離れて流れる。ところがフロントガラス下部にアルミテープを貼ると、本来は避けていたワイパーの前に空気が流れるようになり、ワイパーが空気の流れを堰き止め浮き上がらせることによって却って空気の流れを乱してしまうということが起こる。アルミテープの持つメリットは有効に使わないとデメリットになるということが今回の検証で明らかになった。

 

結論:フロントガラス下部のアルミテープチューンは燃費ダウンの方向に(‐1.3km/L)

アルミテープチューンはやり方次第でマイナスになる 関連ページ

ワゴンRで実燃費30km/lを超えろ!プロジェクト30始動
高速道路で実燃費を上げる3つの方法とは?
アクセル操作と燃費の密接な関係とは? 〜クルコンVS人間クルコン〜
街乗り燃費UPに欠かせない「アクセルOFF」のタイミングとは?
空力チューン第1弾!流体力学の応用!嵐を呼ぶ男「ボルテックスジェネレーター」編
ボルテックスジェネレーターを使って燃費を12%上げた方法
自動運転は実燃費を下げる?
空力チューン第2弾!エコカー必須装備の「フロントストレーキ」装着で超えろ30km/L!
空力チューン第3弾!トヨタ考案のアルミテープチューンの効果はいかに?
空力チューン第4弾!リアバンパー穴開け加工でパラシュート効果をやっつけろ!
空力チューンでミラーの風切り音を攻略せよ!
空力チューン第5弾!ドアバイザー外しで風切り音を低減せよ!
空力チューン第6弾!サイドステップ風エアロで横風侵入を防げ!
大型トラックの前を走ると燃費が悪くなる理由
空力チューン第7弾!リアストレーキで回転抵抗を低減せよ!
ゲリラ雷雨で露呈したアルミテープの弱点とは?
空気抵抗低減だけが能じゃない!アルミテープで燃費を上げるもう一つの方法とは?
インナーフェンダーにアルミテープは有効か?いざ実践!
純正リアウイングって効果あるの?
禁断の「アルミホイールにアルミテープ」、果たして効果は?
空力チューン第8弾!純正ルーフスポイラーのお手並み拝見
空力チューン第9弾!リアタイヤを覆え!「リアスパッツ」の効果とは?
リアスパッツ改善プロジェクト第1弾!「問題点を洗い出せ!」
リアスパッツ改善プロジェクト第2弾!「リアバンパーに空気を送れ!」
なぜプリウスは燃費が良いのか
リアスパッツ改善プロジェクト第3弾!「回転を妨げている意外な正体とは?」
リアスパッツ改善プロジェクト第4弾!「ボルテックスジェネレーターでリアスパッツ周辺の気流を操れ!」
スリップストリームで燃費が上がる!その理由とは?
リアスパッツ改善プロジェクト第5弾!「絶大な効果を示したリアスパッツ内のスペシャルチューンとは?」
充電制御車の見分け方とその仕組みを利用した燃費向上テクニックとは?
自作ディフューザーの効果検証!果たして燃費は上がるのか?
自作フェンダートリムでドラッグを減らせ!
洗車をすると燃費は伸びるのか?粘性抵抗を制御することで燃費は上がるのか実験してみた

HOME 空力チューンで実燃費30km/Lを超えろ! サルでもわかる「空力」講座 速く走るための空力チューン大特集!