空力チューン第3弾!トヨタ考案のアルミテープチューンの効果はいかに?

通勤用のワゴンRの実燃費はおよそ26.5km/L。
そんなワゴンRの燃費を良くするために障壁となっているのは「空気抵抗」であると考えた。そう、空気とお友達になれば自ずと燃費も良くなるのではないかというのが私の直感である。そこで私はワゴンRに空力チューンを施し、実燃費「30km/?」をコンスタントに叩き出すことを目標とした。これが「プロジェクト30」の始まりである。

 

その記念すべき第3弾は「アルミテープ」による空力チューンである。

 

第2弾フロントストレーキでの問題点は?

フロントストレーキ装着後に感じたのは以下の4点である。
@フロントタイヤのふらつき感が減った
走り始めてから60km/hぐらいまでスピードをあげると、今までよりも何だかフロントが重いような感じを受けた。もしかしたらフロントの揚力低下に効果があるのかもしれない。

 

A高速コーナーでの限界が上がった
高速道路の乗り降りやJCTなどでは高速コーナーが付きものである。装着前は危なっかしくて60km/hで曲がるとなかなかのスリルを味わうことができたが、フロントストレーキ装着後は同じコーナーを60km/hで曲がっても装着前のようなスリルを感じなくなっていた。要するに車体が安定しているということである。

 

B50km/hのとき面白いくらい前に進む
高速道路から降りて一般道を走行中に感じたのだが、50km/hのときの抵抗が全くなくなっているのである。これには驚いた!まるで嘘みたいに楽に前に進んでくれるのだ!だがその反面、50km/hよりスピードを上げると抵抗感を感じた。特に高速走行(80km/h巡航)ではダウンフォースとも抵抗とも判断できなかった。

 

C最初は良いが途中から抵抗感あり
高速を走り始めてすぐのときはストレーキの恩恵を授かることができたように感じたが、途中から抵抗感を感じるようになった。何か別の要因が絡んでいるのかもしれない。

 

ずばり、「抵抗感」である!

最初はとても良いフィーリングなのだが、どうも途中からなんとなく前に進みにくいような抵抗感を感じていたのである。プロジェクト30において最も重要なのは空気抵抗を減らすことである。つまり、この途中から感じる抵抗をなくす、もしくは低減させなければ実燃費30km/Lをコンスタントに超えることはできないということである。

 

抵抗感の正体は「静電気」なのではないか?

私がワゴンRを走らせて感じたのは、最初はスムーズだが、途中から抵抗を感じるというものである。
 
「ボディと空気の摩擦によって発生する静電気の仕業ではないか?」
 
直感的に私はそう感じた。小学生のとき誰もが一度はやったことがあるであろう、下敷きで頭を擦ると髪の毛が逆立つ”アレ”である。昔の車は、ガラス・タイヤを除いてほとんどの部品が金属で出来ていたため静電気による害はほとんど感じられなかったのではないだろうか?

 

しかし、現代の車は軽量化による低燃費や複雑なボディデザインを量産するために、金属から樹脂(プラスチック)にどんどん置き換わっている。バンパーはその代表格と言っても過言ではない。

 

樹脂(プラスチック)は電気を通しにくい材料

ABS樹脂やウレタン樹脂で作られたバンパーは、鉄やアルミのようにすいすい電気を通してはくれない。樹脂(プラスチック)は絶縁体なのである。下敷きもプラスチック製のものがほとんどだが、やはり頭を下敷きで擦った後の下敷きの「モワモワ」する感じはなかなか消えることがない。

 

つまり、プラスチックに帯電した静電気は何か手を加えなければ放電することができず、いつまでも帯電し続けてしまうのである。静電気を放電してくれる「アース」が必要なのである。

 

静電気が帯電していると何が問題なのか?

 

N極とN極では反発してしまう

 

どうやら、走行中のボディは正(プラス)に帯電するらしい。また走行するボディ周辺の空気も正(プラス)に帯電しているということがわかっている。つまりボディと空気が同じ正(プラス)に帯電してしまっているということである。これは非常に良くない。上の画像のようにボディと空気が反発し、お互いを遠ざけようとしてしまう。
 

ボディから空気が剥離してしまうのが問題

静電気が帯電することによってボディと空気がお互いを遠ざけ、その結果としてボディから空気が剥離してしまう不具合が起こる。ボディから空気が剥離してしまうとボディの周りを空気がきれいに流れなくなる。その結果、空気の渦を引き起こし、車体は不安定になるとともに抵抗感を感じるようになってしまう。

 

これが走行途中に感じた抵抗感の正体だ。

 

アルミテープで静電気をやっつけろ!

 

出典:https://www.webcartop.jp/2016/09/50400

 

バンパーはそのままでは帯電した静電気を放電することはできない。ではどうするか?

 

「導電性のあるアルミテープをバンパー(絶縁体)に貼れば放電できるはず!」

 

そう、アルミテープは手軽に手に入るアースとしてとても都合が良い。銅はアルミよりも導電性が良いが錆びると使い物にならない。その点アルミは導電性が変化しにくいし、なにより安い。コスパ最強なのである。

 

アルミテープを絶縁体であるバンパーに直接貼るという大胆な方法が、私のワゴンRの現状を打破する特効薬になるはずである。

 

アルミテープを貼ることで燃費は改善されたのか?

結論から言うと、かなり効果あり。2km/Lアップ!

第2弾の段階(エアコン常時使用)で実燃費は24km/L弱であったが、アルミテープを貼っただけで26km/L近くまで伸びたのである。もちろんエアコンは常時使用していた。

 

走行インプレッション

@フロントストレーキを装着してから感じるようになった抵抗感がかなり低減された。
後半もスムーズな走りを維持することができるようになった。

 

A気持ち車内が静かになったような気がする。風切り音が減ったのかもしれない。アルミテープによる放電によってボディと空気が剥離するのを抑えられているのかもしれない。風などの外乱に対しても若干直進安定性が上がったような気がしないでもない。これはプラシーボ効果かもしれないが。

 

現車合わせの空力チューンの依頼は↓からどうぞ!


開けない場合は↓からお願いします。(不具合のためPCからでしかお問い合わせできない状態です)
http://all-for-brake.com/script/mailform/5150/

空力チューン第3弾!トヨタ考案のアルミテープチューンの効果はいかに? 関連ページ

ワゴンRで実燃費30km/lを超えろ!プロジェクト30始動
空力チューン第1弾!流体力学の応用!嵐を呼ぶ男「ボルテックスジェネレーター」編
空力チューン第2弾!エコカー必須装備の「フロントストレーキ」装着で超えろ30km/L!
空力チューン第4弾!リアバンパー穴開け加工でパラシュート効果をやっつけろ!
空力チューン第5弾!ドアバイザー外しで風切り音を低減せよ!
空力チューン第6弾!サイドステップ風エアロで横風侵入を防げ!
空力チューン第7弾!リアストレーキで回転抵抗を低減せよ!
空力チューン第8弾!純正ルーフスポイラーのお手並み拝見
空力チューン第9弾!リアタイヤを覆え!「リアスパッツ」の効果とは?
リアスパッツ改善プロジェクト第1弾!「問題点を洗い出せ!」
リアスパッツ改善プロジェクト第2弾!「リアバンパーに空気を送れ!」
リアスパッツ改善プロジェクト第3弾!「回転を妨げている意外な正体とは?」
リアスパッツ改善プロジェクト第4弾!「ボルテックスジェネレーターでリアスパッツ周辺の気流を操れ!」
リアスパッツ改善プロジェクト第5弾!「絶大な効果を示したリアスパッツ内のスペシャルチューンとは?」
自作ディフューザーの効果検証!果たして燃費は上がるのか?
自作フェンダートリムでドラッグを減らせ!
ボルテックスジェネレーターを使って燃費を12%上げた方法
空力チューンでミラーの風切り音を攻略せよ!
スリップストリームで燃費が上がる!その理由とは?
高速道路で実燃費を上げる3つの方法とは?
アクセル操作と燃費の密接な関係とは? 〜クルコンVS人間クルコン〜
街乗り燃費UPに欠かせない「アクセルOFF」のタイミングとは?
費用0円でできる燃費チューンとは?
大型トラックの前を走ると燃費が悪くなる理由
純正リアウイングって効果あるの?
ゲリラ雷雨で露呈したアルミテープの弱点とは?
空気抵抗低減だけが能じゃない!アルミテープで燃費を上げるもう一つの方法とは?
インナーフェンダーにアルミテープは有効か?いざ実践!
禁断の「アルミホイールにアルミテープ」、果たして効果は?
アルミテープチューンはやり方次第でマイナスになる
なぜプリウスは燃費が良いのか
充電制御車の見分け方とその仕組みを利用した燃費向上テクニックとは?
洗車をすると燃費は伸びるのか?粘性抵抗を制御することで燃費は上がるのか実験してみた
アルミテープチューンは汚れで性能が落ちる?気になる噂は実機で検証せよ!
アルミテープチューンに導電性アルミテープは必要ない?粘着剤に導電性がなくても良い理由
冬対策!秘技「グリル塞ぎ」で空気抵抗を減らし、吸気温度を上げよ!
エコドライブ=安全運転ではない!燃費を上げたい人ほどコーナーは攻めなければいけないワケ
燃費向上に必要性を感じない「マッドフラップ」は単なる泥除けなのか、それとも空気抵抗低減効果がある空力デバイスなのか?
高速で燃費向上を狙うならタイヤの空気圧は高めにセットし、転がり抵抗を減らせ!
自作フロントディフューザーでよどみ点を攻略し、燃費を上げよ!
フロントバンパーサイドに位置するカナード的ボルテックスジェネレーターの空力効果と燃費に与える影響とは?
自作の断熱シートをボンネットに装着することでエンジンルームを保温し、燃費向上と静音化を実現せよ!
向きや位置によっては効果が出ないボルテックスジェネレーター、実際に燃費向上に意味がなかった場所とは?

HOME 空力チューンで実燃費30km/Lを超えろ! サルでもわかる「空力」講座 速く走るための空力チューン大特集!