純正リアウイングって効果あるの?

あなたは気になったことはないだろうか。
「純正のリアウイングやリアスポイラーって効果あるの?」

 

純正のリアウイングやリアスポイラーがどのような意図を持って設計されているのか、説明していこうと思う。

 

純正でリアウイングやリアスポイラーが装着されている車

純正でリアウイングやリアスポイラーが装着されている車は基本的に「スポーツカー」である。私が乗っていたS15シルビアも純正でリアウイングが装着されていた。

 

S15シルビアの純正リアウイング

 

シルビアの他にもランエボやインプレッサなども純正でリアウイングが付いている。

 

 

ランエボやインプレッサの純正リアウイング

 

これらの純正リアウイングは何を狙って付けられているのだろうか?

 

「整流」が狙い

純正リアウイングは「整流」が一番の狙いである。
基本的に、市販されている車のほとんどは車体後部は四角く角ばっている形状のものがほとんどである。そのため、車体に沿って流れてきた空気はトランクを過ぎると車体から剥離してしまう。車体から空気が剥離してしまうことが問題なのである。

 

車体から空気が剥離するとどうなるのか

車体から空気が剥離してしまうと、その箇所は空気がボディに沿ってきれいに流れてくれなくなってしまう。そうなると、空気が剥離してしまった部分は空気が少ない状態になってしまう。空気が剥離してしまった部分は空気が渦を巻き、負圧を発生してしまう。この負圧が厄介なのである。

 

負圧の代表選手は「台風」

負圧の例で身近なものは「台風」である。台風は通常のお天気のときと比べて気圧がかなり低い。気圧が低いということは空気が少ないということであり、台風は負圧の塊であるといえる。台風の特徴と言われて想像するのは「強風」ではないだろうか?

 

基本的に空気は多いところから少ないところへ流れていく。このとき、多いところと少ないところの差が激しいほど強烈に空気の移動が起こる。つまり、曇りや雨で天気が悪いときに比べて台風のときの方が強風が吹くのである。これは台風が強烈な負圧を発生しているからであり、空気は台風の中心めがけて勢いよく吹き荒れる。

 

車体後方の負圧が悪さをする

市販されている車のほとんどは、車体後方に台風が発生しているようなものである。車体後方にある台風は周囲の空気を引っ張り込む。その際に車体自体も引っ張ってしまうのだ。

 

 

車体後方に発生した「負圧」は車体を後ろに引っ張る力として作用する。これが何を意味しているかというと、車体後方に発生した「負圧」が大きくなればなるほど、車体を後ろに引っ張る力が強くなるということである。

 

車体後方の「負圧」はスピードが上がれば上がるほど、大きな勢力となって行く手を阻む。スポーツカーのようにスピードレンジが高い車はこの「負圧」を何とかしなければならない。そこで自動車メーカーは、車体後方(トランクあたり)にリアウイングを装着して厄介な「負圧」を低減しようとした、というわけである。

 

純正リアウイングが負圧を減らす仕組み

市販されている車は、スパッと切り落とされたようなリア形状をしていることが多い。空気は急激な形状変化には追従することができないという特徴がある。理想は流線形のように、リアになるにつれ先がすぼまっていくような形状が負圧が発生しにくく、空気抵抗も少ない。

 

空気の流れを流線形に近づければ良い

車内スペースや実用性の観点から、流線形のボディ形状にすることは現実的でない。ならばどうするか。
「空気の流れを流線形に近づければ良いのである」

 

リアでスパッと切り落とされてしまったようなリア形状にリアウイングをプラスすることで、ぶった切れた空気の流れを車体後方まで伸ばすことができる。それによって空気の流れは流線形に近づき、車体後方で発生していた「負圧」を減らすことができる。

 

流速を上げる必要がある

リアウイングによって流速の落ちた空気をもう一度加速させる必要がある。リアウイングで流速を上げなければ整流効果による負圧低減は期待できない。そのため、純正リアウイングはGTウイングと違ってウイング形状はシンプルな板状になっているものがほとんどである。GTウイングと純正リアウイングは求めている効果が違うのである。

 

まとめ

純正リアウイングはその平坦でシンプルな形状から、「あまり効果のないもの」と考えられがちである。しかし、純正リアウイングがあることによって、車体後方の負圧を低減し、スムーズな高速走行を可能にするれっきとした「エアロパーツ」なのである。

 

見た目がかっこいいからという理由で採用されていることももちろんあるが、純正リアウイングは機能パーツであることは間違いない。もし可能であるなら純正リアウイングを装着した状態と外した状態を乗り比べてみて欲しい。必ず純正リアウイングの効果を体感できるはずである。

純正リアウイングって効果あるの? 関連ページ

ワゴンRで実燃費30km/lを超えろ!プロジェクト30始動
高速道路で実燃費を上げる3つの方法とは?
アクセル操作と燃費の密接な関係とは? 〜クルコンVS人間クルコン〜
街乗り燃費UPに欠かせない「アクセルOFF」のタイミングとは?
空力チューン第1弾!流体力学の応用!嵐を呼ぶ男「ボルテックスジェネレーター」編
ボルテックスジェネレーターを使って燃費を12%上げた方法
自動運転は実燃費を下げる?
空力チューン第2弾!エコカー必須装備の「フロントストレーキ」装着で超えろ30km/L!
空力チューン第3弾!トヨタ考案のアルミテープチューンの効果はいかに?
空力チューン第4弾!リアバンパー穴開け加工でパラシュート効果をやっつけろ!
空力チューンでミラーの風切り音を攻略せよ!
空力チューン第5弾!ドアバイザー外しで風切り音を低減せよ!
空力チューン第6弾!サイドステップ風エアロで横風侵入を防げ!
大型トラックの前を走ると燃費が悪くなる理由
空力チューン第7弾!リアストレーキで回転抵抗を低減せよ!
ゲリラ雷雨で露呈したアルミテープの弱点とは?
空気抵抗低減だけが能じゃない!アルミテープで燃費を上げるもう一つの方法とは?
インナーフェンダーにアルミテープは有効か?いざ実践!
禁断の「アルミホイールにアルミテープ」、果たして効果は?
空力チューン第8弾!純正ルーフスポイラーのお手並み拝見
アルミテープチューンはやり方次第でマイナスになる
空力チューン第9弾!リアタイヤを覆え!「リアスパッツ」の効果とは?
リアスパッツ改善プロジェクト第1弾!「問題点を洗い出せ!」
リアスパッツ改善プロジェクト第2弾!「リアバンパーに空気を送れ!」
なぜプリウスは燃費が良いのか
リアスパッツ改善プロジェクト第3弾!「回転を妨げている意外な正体とは?」
リアスパッツ改善プロジェクト第4弾!「ボルテックスジェネレーターでリアスパッツ周辺の気流を操れ!」
スリップストリームで燃費が上がる!その理由とは?
リアスパッツ改善プロジェクト第5弾!「絶大な効果を示したリアスパッツ内のスペシャルチューンとは?」
充電制御車の見分け方とその仕組みを利用した燃費向上テクニックとは?
自作ディフューザーの効果検証!果たして燃費は上がるのか?
自作フェンダートリムでドラッグを減らせ!
洗車をすると燃費は伸びるのか?粘性抵抗を制御することで燃費は上がるのか実験してみた

HOME 空力チューンで実燃費30km/Lを超えろ! サルでもわかる「空力」講座 速く走るための空力チューン大特集!