自動運転は実燃費を下げる?

実燃費を上げるために各メーカーが様々な取り組みを行い、有益なチューンをしてきた。そんな時代でありながら、実燃費向上に欠かせないのは「ドライバー自身のチューニング」である。今回はドライバー自身のチューニングの必要性と、自動運転について話してみることにする。

 

なぜ「ドライバー自身のチューニング」が必要なのか

昔に比べ、技術が発達した今の時代では高速道路はほとんど自動運転可能なレベルにまで進化している。
そんな時代になぜドライバー自身のチューニングが必要なのか?

 

今の技術では「無駄が多い」から

私が普段通勤に使っているのはMTのワゴンRであり、電子制御はABSしか付いていない。高速道路で便利なクルーズコントロールは付いてないし、前車追従機能もない。もちろん同一車線維持機能も当然ない。高速道路で実燃費を向上させるのにこれらの技術はあまり意味がないといえる。一言で言うと「無駄」なのである。

 

出典:クルーズコントロール

 

クルーズコントロールで燃費が上がるのは「下手くそ」な証拠

一般的に高速道路でクルーズコントロールを使うと燃費が上がると言われている。なぜ燃費が上がるかと言うと、クルーズコントロールを使うと一定のスピードで巡航できるからだ。エンジン回転数を一定に保つことで、理想空燃比で走れる距離が長くなるためである。

 

これが何を意味しているか。
クルーズコントロールを使って燃費が上がったという人は、アクセルワークが下手くそなのである。アクセルペダルの踏力を一定に保てないため、強く踏んだり、弱く踏んだりしてしまう。そうすると車のスピードは安定しない。また、アクセルを一定に保てないとコンピューターが「加速状態」と判断してしまい、ガソリンを余分にエンジンに送り込んでしまう。つまり、燃費が悪くなる。

 

出典:鶴ヶ島JCT

 

すなわち、追い越し車線を行ったり来たりするような運転は、燃費向上の観点から言うと最悪な運転であると言える。しかも大抵の人が左側の車線から追い越し車線に出る際、アクセルを思いっきり踏み込むのである。冷静に考えて欲しいのだが、そんなにアクセルを踏む必要があるだろうか?

 

周りに気を配れ!

私が乗っているワゴンRは軽自動車であり、ターボも付いていない。最も動力性能に劣る車の一つと言っても問題ない車である。そんなワゴンRであっても、追い越し車線に出る際はアクセルをほとんど踏み込まず、ほんの少しアクセルを踏み足すだけである。実際に踏み込んでいる量は3mm程度だと思う。そんなアクセル量でもワゴンRなりの必要十分な加速が得られるし、そもそも一気に加速する必要など全くないのである。

 

実際に毎日高速道路を往復していると、そのような運転をしている人が後を絶たない。周囲をよく見ずに追い越し車線に入り、後続の車に煽られて急加速する人や、高速道路の合流で我先にと言わんばかりに無理やり合流し、アクセル全開で追い越し車線に入っていく人など様々である。その人達に共通しているのは「周囲の状況判断ができていない」ということである。自らの判断ミスをアクセルを踏み込むことで帳消しにしようとしているともいえる。これでは実燃費が伸びるわけがない。

 

自動運転の弱点

すべてのメーカーの自動運転を試したわけではないが、私が乗ったことのある車で私の運転より燃費が良いと思えた自動運転は存在しなかった。はっきり言ってあまりにもロスが多い。私が感じた自動運転のイマイチな点を上げていく。

 

アクセルオフではなくブレーキで減速する

基本的にどのメーカーも、クルーズコントロールで設定した車速をキープしようと頑張る傾向が強い。そのため、前方に車がいない空いた高速道路なら燃費向上に力を発揮するが、車が多くなってくると悪い部分が見えてくる。

 

例えばクルーズコントロールで100km/hに設定して実際に100km/hで走行しているとして、100mぐらい前方に90km/hで走行している車がいる場面を考えてみる。このような場面で、私だったらアクセルオフによるエンジンブレーキで前方の車のスピードに合わせるか、100km/hを維持したまま追い抜くかする。これが自動運転だと結構な近距離になるまで100km/hで走り続け、機械がヤバイと判断してブレーキを掛けて90km/hまで減速するという挙動を示すのである。

 

ブレーキを掛けることは燃費向上とは真逆の運転だということはわかってもらえるだろう。自動運転はエコエコと謳いながら、平然と真逆のことをやってのけるのである。少し手前からアクセルオフで減速すればガソリンを節約することができるというのに。

 

設定した速度まで一気に加速する

今まで乗ったことのある自動運転の車はみんな「これ」である。先ほども話したが、急な加速は燃費の大敵である。なるべく理想空燃比で走り続けることが実燃費を上げることにつながる。したがって、理想空燃比から遠ざかるような運転をすれば燃費が下がってしまうということなのである。前車追従機能付きのクルーズコントロールは、前方の車が設定した車速より遅いスピードで走行している状態から、前方の車がいなくなると設定したスピードまで急加速を始める。

 

これって「無駄」じゃないだろうか?
そんなに一気に加速する必要が本当にあるだろうか?

 

まとめ

今回は高速道路での自動運転と実燃費について書いてみた。
こんなイマイチな制御だったら、自分で運転した方が実燃費は絶対良くなると思うのだがあなたはどうだろうか?

 

自動運転に実燃費で勝つためには、1mm単位のアクセルワークが必要不可欠である。それに周囲をよく見ること。これは安全運転の本質だと思う。現時点では機械は指示に忠実でありミスしないが、臨機応変に融通の利いたアクションを起こしてはくれない。

 

やはり車は自分で運転するものだと私は思う。

自動運転は実燃費を下げる? 関連ページ

ワゴンRで実燃費30km/lを超えろ!プロジェクト30始動
高速道路で実燃費を上げる3つの方法とは?
アクセル操作と燃費の密接な関係とは? 〜クルコンVS人間クルコン〜
街乗り燃費UPに欠かせない「アクセルOFF」のタイミングとは?
空力チューン第1弾!流体力学の応用!嵐を呼ぶ男「ボルテックスジェネレーター」編
ボルテックスジェネレーターを使って燃費を12%上げた方法
空力チューン第2弾!エコカー必須装備の「フロントストレーキ」装着で超えろ30km/L!
空力チューン第3弾!トヨタ考案のアルミテープチューンの効果はいかに?
空力チューン第4弾!リアバンパー穴開け加工でパラシュート効果をやっつけろ!
空力チューンでミラーの風切り音を攻略せよ!
空力チューン第5弾!ドアバイザー外しで風切り音を低減せよ!
空力チューン第6弾!サイドステップ風エアロで横風侵入を防げ!
大型トラックの前を走ると燃費が悪くなる理由
空力チューン第7弾!リアストレーキで回転抵抗を低減せよ!
ゲリラ雷雨で露呈したアルミテープの弱点とは?
空気抵抗低減だけが能じゃない!アルミテープで燃費を上げるもう一つの方法とは?
インナーフェンダーにアルミテープは有効か?いざ実践!
純正リアウイングって効果あるの?
禁断の「アルミホイールにアルミテープ」、果たして効果は?
空力チューン第8弾!純正ルーフスポイラーのお手並み拝見
アルミテープチューンはやり方次第でマイナスになる
空力チューン第9弾!リアタイヤを覆え!「リアスパッツ」の効果とは?
リアスパッツ改善プロジェクト第1弾!「問題点を洗い出せ!」
リアスパッツ改善プロジェクト第2弾!「リアバンパーに空気を送れ!」
なぜプリウスは燃費が良いのか
リアスパッツ改善プロジェクト第3弾!「回転を妨げている意外な正体とは?」
リアスパッツ改善プロジェクト第4弾!「ボルテックスジェネレーターでリアスパッツ周辺の気流を操れ!」
スリップストリームで燃費が上がる!その理由とは?
リアスパッツ改善プロジェクト第5弾!「絶大な効果を示したリアスパッツ内のスペシャルチューンとは?」
充電制御車の見分け方とその仕組みを利用した燃費向上テクニックとは?
自作ディフューザーの効果検証!果たして燃費は上がるのか?
自作フェンダートリムでドラッグを減らせ!
洗車をすると燃費は伸びるのか?粘性抵抗を制御することで燃費は上がるのか実験してみた

HOME 空力チューンで実燃費30km/Lを超えろ! サルでもわかる「空力」講座 速く走るための空力チューン大特集!