鉄チンホイール+ディスクホイール状ホイールカバーで、空気抵抗を減らし燃費を上げろ!

 

出典:ホイールカバー

 

アルミホイール全盛期の今でも鉄チンホイールとホイールカバーは黄金コンビ

今の時代、ホイールと言ったらアルミホイールと言っても過言ではないくらい、アルミホイールは普及している。そんな中、愛車ワゴンRは「鉄チンホイール」のスパルタン仕様である。

 

純正状態では上の画像のように鉄チンホイール+ホイールカバーの組み合わせだが、現状愛車ワゴンRはホイールカバー無しの鉄チンホイール剥き出しの状態である。

 

黒ホイール好きの私としては鉄チンホイール剥き出しは、スポーティで好みなのだが、以前から疑問に感じていることがあった。それは「ホイールカバーを装着したら空気抵抗が減って、燃費が良くなるのではないか?ということである。

 

そこで今回は、ホイールカバー装着によって燃費は良くなるのかどうか試してみることとする。

 

空力チューンで実燃費30km/Lを超えろ!

 

ホイールカバーは鉄チンホイールの空気抵抗を減らす?

 

愛車ワゴンRの鉄チンホイール

 

よく見るとゴツゴツした形状&ホイールナット剥き出し

上の画像は私の愛車ワゴンRに履かせている純正鉄チンホイールである。インチダウン+低燃費タイヤで転がり抵抗を低減し、燃費UPできるのか?で単純に14インチから13インチにインチダウンして、なおかつ低燃費タイヤに変えたらどれくらい燃費がUPするのか試してみたくて履かせていたものである。

 

そこで改めて鉄チンホイールを見てみると、「ゴツゴツした形状&ホイールナット剥き出し」ということがわかった。加えてブレーキの冷却や放熱性を考えて「穴」が開けられている。

 

このような形状をしている鉄チンホイールが、高速回転することで空気の流れを乱すように働いている可能性は無視できない。なぜなら、60km/hから最も大きな抵抗=燃費悪化の原因になるのは「空気抵抗」だからである。
サルでもわかる「空力」講座 

 

純正サイズのため、ボディーの内側に入ってしまっている状態で、空気の流れを悪くしている可能性も考えられる。そこで、ホイールに関して研究が進んでいる「ロードバイク」を参考にしてみた。

 

人力で漕ぐロードバイクにはエアロ効果を狙ったディスクホイールがある

 

出典:トライアスロン

 

ディスクホイールで空気抵抗を減らす=疲れない=燃費UP?

長距離を走るトライアスロンなどのロードバイクでは、上の画像のような「ディスクホイール」が良く装着されているらしい。どうやら長距離を走るロードバイクの場合、ホイールに求められる性能は「軽さ」よりも「空力性能」ということなのだ。

 

ロードバイクは車と違って動力源は「人間」である。実際、軽いホイールよりもディスクホイールのような重くても空力性能に優れたホイールの方が、疲れにくくてタイムが出るという結果が出ている。

 

もちろん短距離などのスプリントレースでは「軽さ」が求められる性能のようなのだが、長距離のトライアスロンのような燃費を求められるレースでは「空力」が大事になってくるのである。

 

ということは、高速通勤メインのワゴンRの燃費を上げるには、「ディスクホイール」のようにホイールの隙間を覆っているものを装着することで、「空力性能」が上がり、燃費UPに繋がるのではないか?と思ったのである。

 

ホイールカバー装着で手軽にディスクホイールの空力性能を手に入れる

 

 

Amazonで「スーパーキャルホイールカバー」を購入!

 

安価で手軽に装着できそうな「ホイールカバー」を購入

今回購入したのは、Amazonで手に入る有限会社ブレイス(BRAITH)販売の「スーパーキャル ホイール 13インチ」という商品で4個で5000円くらいである。

 

他にもムーンアイズの「ムーンディスク」という後付けのホイールカバーもあったのだが、1枚6000円で鉄チンホイールに穴を開けてビス止めしなければならない、という高価で面倒なアイテムなのでセレクトしなかった。

 

やはりワゴンRには費用対効果(コスパ)を最優先させることが、個人的に重要なのである。S2000をもっと愉しむチューニングのようにもう1台の愛車S2000ではコスパより自己満足が重要である。(笑)

 

工具は一切不要で、鉄チンホイールに叩いてはめ込むだけ

説明書きには「叩いてはめ込むと破損する可能性があるので、叩かないでください」のような文言が書いてあったが、完全に無視した。材質はABS樹脂だし、そんな簡単に壊れる材質ではない。それに、叩かずに工具を使わず装着する方法が他にあるのなら、教えて欲しいくらいである。(笑)

 

普通に隅を叩きまくって装着したが、壊れる気配は全くなかった。念のため、軍手などの保護具を着用することをオススメする。

 

フロントだけホイールカバーを装着した結果、「約3%」燃費UP!

 

 

鉄チンホイール剥き出しでスポーティーなワゴンRが、一気に可愛くなってしまった(笑)

 

仮想フロントスパッツのイメージでフロントのみホイールカバー装着

そんな感じで装着したホイールカバーだが、異音や外れるといった問題は生じていない。それよりも風切り音が減ったためか、気持ち静かになったように感じるほどである。

 

若干加減速が鈍くなった気もするが、それはホイールカバー分の重量増によるものだと思われる。市販の体重計で計ってみたところ1枚あたり400gくらいあることがわかった。重量増によるジャイロ効果の寄与もあるのかもしれないが、気持ち直進安定性が増したような気もする。

 

肝心の燃費だが、装着前に比べて約3%燃費が向上した。今回はフロントのみホイールカバーを装着し、リアには装着しなかった。それはリアには空力チューン第9弾!リアタイヤを覆え!「リアスパッツ」の効果とは?にあるように自作リアスパッツが装着されているため、不要と判断した。

 

フロントは自作リアスパッツのフロント版のイメージだと考えられる。上の画像にあるように、隙間はあるものの、鉄チンホイール特有の「ゴツゴツした形状&ホイールナット剥き出し」の状態から「穴」のない滑らかなディスクホイール状になっている。

 

そのため、フロントにぶち当たる走行風が鉄チンホイールの形状に乱されず、スムーズに車体横を流れていくことで車体前後の圧力差による空気抵抗が低減できたのだと思われる。
空気抵抗を減らすためにやるべきこと 

 

ということで、ディスクホイール状ホイールカバー装着によって空気抵抗が減り、約3%燃費向上するということが今回明らかになった。純正のアルミホイール風のホイールカバーで同じような効果があるのかは不明だが、高速メインで使用する場合では「軽さ」よりも「空力性能」ということが改めて実証された。

 

やっぱり空力は面白い。

 

空力チューンで実燃費30km/Lを超えろ!

 

鉄チンホイール+ディスクホイール状ホイールカバーで、空気抵抗を減らし燃費を上げろ! 関連ページ

ワゴンRで実燃費30km/lを超えろ!プロジェクト30始動
空力チューン第1弾!流体力学の応用!嵐を呼ぶ男「ボルテックスジェネレーター」編
空力チューン第2弾!エコカー必須装備の「フロントストレーキ」装着で超えろ30km/L!
空力チューン第3弾!トヨタ考案のアルミテープチューンの効果はいかに?
空力チューン第4弾!リアバンパー穴開け加工でパラシュート効果をやっつけろ!
空力チューン第5弾!ドアバイザー外しで風切り音を低減せよ!
空力チューン第6弾!サイドステップ風エアロで横風侵入を防げ!
空力チューン第7弾!リアストレーキで回転抵抗を低減せよ!
空力チューン第8弾!純正ルーフスポイラー+ボルテックスジェネレーターは最強のエアロパーツ?
空力チューン第9弾!リアタイヤを覆え!「リアスパッツ」の効果とは?
リアスパッツ改善プロジェクト第1弾!「問題点を洗い出せ!」
リアスパッツ改善プロジェクト第2弾!「リアバンパーに空気を送れ!」
リアスパッツ改善プロジェクト第3弾!「回転を妨げている意外な正体とは?」
リアスパッツ改善プロジェクト第4弾!「ボルテックスジェネレーターでリアスパッツ周辺の気流を操れ!」
リアスパッツ改善プロジェクト第5弾!「絶大な効果を示したリアスパッツ内のスペシャルチューンとは?」
自作ディフューザーの効果検証!果たして燃費は上がるのか?
自作フェンダートリムでドラッグを減らせ!
ボルテックスジェネレーターを使って燃費を12%上げた方法
空力チューンでミラーの風切り音を攻略せよ!
高速道路で燃費を上げるテクニック「スリップストリーム」を有効活用しよう!
高速道路で実燃費を上げる3つの方法とは?
アクセル操作と燃費の密接な関係とは? 〜クルコンVS人間クルコン〜
街乗り燃費UPに欠かせない「アクセルOFF」のタイミングとは?
費用0円でできる燃費チューンとは?
大型トラックの前を走ると燃費が悪くなる理由
純正リアウイングって効果あるの?
ゲリラ雷雨で露呈したアルミテープの弱点とは?
空気抵抗低減だけが能じゃない!アルミテープで燃費を上げるもう一つの方法とは?
インナーフェンダーにアルミテープは有効か?いざ実践!
禁断の「アルミホイールにアルミテープ」、果たして効果は?
アルミテープチューンはやり方次第でマイナスになる
なぜプリウスは燃費が良いのか
充電制御車の見分け方とその仕組みを利用した燃費向上テクニックとは?
洗車をすると燃費は伸びるのか?粘性抵抗を制御することで燃費は上がるのか実験してみた
アルミテープチューンは汚れで性能が落ちる?気になる噂は実機で検証せよ!
アルミテープチューンに導電性アルミテープは必要ない?粘着剤に導電性がなくても良い理由
冬対策!秘技「グリル塞ぎ」で空気抵抗を減らし、吸気温度を上げよ!
エコドライブ=安全運転ではない!燃費を上げたい人ほどコーナーは攻めなければいけないワケ
燃費向上に必要性を感じない「マッドフラップ」は単なる泥除けなのか、それとも空気抵抗低減効果がある空力デバイスなのか?
高速で燃費向上を狙うならタイヤの空気圧は高めにセットし、転がり抵抗を減らせ!
自作フロントディフューザーでよどみ点を攻略し、燃費を上げよ!
フロントバンパーサイドに位置するカナード的ボルテックスジェネレーターの空力効果と燃費に与える影響とは?
自作の断熱シートをボンネットに装着することでエンジンルームを保温し、燃費向上と静音化を実現せよ!
向きや位置によっては効果が出ないボルテックスジェネレーター、実際に燃費向上に意味がなかった場所とは?
アルミテープチューンで効果を引き出すための大きさ、形状、カット方法とは?
夏タイヤからスタッドレスに履き替えると、どれくらい燃費が下がるのか
エアクリーナーやエアインテークなどの吸気系アルミテープチューンで燃費向上できるのか
エンジンオイルの粘度を変えると燃費が上がる?5w30→0w20で効果を確認してみた!
バンパーにアルミテープチューンを行うと、どれくらい燃費UP効果がある?
ボルテックスジェネレーターとアルミテープチューンで街乗り限定車の燃費を上げろ!
インチダウン+低燃費タイヤで転がり抵抗を低減し、燃費UPできるのか?
ステンレスたわしチューンは効果なし?噂のオカルトチューンを試してみた!
燃費に悩む「セダン」をボルテックスジェネレーターによる空力チューンで攻略せよ!
コアンダ効果を利用した自作リアサイドスポイラーで空気抵抗を減らし、燃費向上せよ!
リベンジ!エアクリーナーBOX内のアルミテープチューンで燃費向上せよ!
純正スチールホイール内側のアルミテープチューンで燃費が上がる理由と効果とは?

HOME 「空力」で燃費を上げる方法 「プロフィール」 「お問い合わせ」はこちらから!