純正ブレーキは万人向け

 

公道を走るための必要最低限

 

出典:ブレーキによる荷重移動

 

純正はあくまでも高度な運転スキルを持たない人が、普通に公道を安全運転することを前提とした作りになっています。万人はブレーキの鳴き等の騒音がしないことや、ブレーキダストが少なく、ホイールが汚れないことを重視しており、ブレーキの効きやフィーリング、コントロールのしやすさは二の次三の次です。

 

当然、サーキット走行をするような場面では、純正ブレーキは完全に力不足です。

 

キャリパーの剛性感、パッドのコントロール性、ローターの熱容量などなど…
不満な点を挙げていけばキリがありません。

 

もしも、「ブレーキは純正で十分だ」と言う人がいたら、サーキットをちんたら安全運転しているか、間違った嘘を他人に吹き込むことで他者を陥れようとしているのでしょう。

 

当然ですが、車が速くなればなるほど、ブレーキの性能もそれ以上に強化しなくてはなりません。ですが、ブレーキ強化の重要性を理解している人はとても少なく、走る・曲がる・止まるの基本性能の止まるは最も重要なのに後回しにされがちです。

 

万人向けのブレーキバランス

 

出典:ブレーキロックするロータス・エリーゼ

 

特に万人向けだなと感じるのがブレーキバランスです。
市販車は基本的にフロント寄りのブレーキバランスであり、あまりリアを効かせないように工夫がされています。運転が苦手な人でも安心して運転できるように、ブレーキバランスは安定志向です。

 

なぜそのようなブレーキバランスにしているのか、ここでは簡単に説明します。

 

要するに、
『ブレーキを強くかけたとき、フロントがロックするのとリアがロックするのとではどちらが安全ですか?』
ということです。

 

当然フロントがロックする方が安全ですよね?
フロントがロックすると車体は真っ直ぐ飛んでいきますが、リアがロックするとお尻が振られスピンモードに突入します。

 

スピンモードに突入したときに瞬時にカウンターステアを当てられるのは、相当に運転スキルが高いごく一部の人だけで、その他大勢の人はブレーキペダルを踏み続けることしかできず、そのままスピンしてガードレールに激突します。純正は万人向けに徹することで、その他大勢の人の安全を守っています。

 

サーキット向けにブレーキを仕上げていくことは、純正ブレーキの設計思想と真逆の方向にチューニングしていくことであるとも言えます。

HOME 空力チューンで実燃費30km/Lを超えろ! サルでもわかる「空力」講座 速く走るための空力チューン大特集!