スポーツカーを愉しむ | 空力による燃費向上実践記や速く走るための空力理論など

「スポーツカーを愉しむ」で私が目指すもの

もっと車の面白さや愉しさをあなたに知って欲しい 

私はそんな思いでこのサイトを運営しています。その中でも私自身が夢中になって取り組んだ空力チューンはめちゃめちゃ面白いし愉しいです。実際にワゴンRを実験車両として様々な空力チューンを施し、高速通勤で燃費向上することだけを考えて夢中で取り組みました。その中で得られたノウハウや貴重な経験は自分の中だけで留めておくべきではないし、どんどん公開してこそ価値があるものだと私は思っています。そのため、私が得られた経験やノウハウは記事にして全公開しています。

 

すべては「もっと車を好きになって欲しい、愉しんで欲しい」という私の願いです。

 

めちゃめちゃ面白かったワゴンRの空力チューン!

過激な空力チューンによって最高燃費「35.3km/L」をマークした”ワゴンR”

 

テーマは「空力チューンだけでどこまで行けるか」

エンジンなどの内燃機関や軽量化には一切手をつけず、純粋に空力チューンだけでどこまで燃費を上げることができるのか、テーマはそれだけです。空力のためなら手段は選ばず、モノコックボディにも容赦なく穴を開けますし、せっかちなので思いついたらすぐに実践して、効果を確かめなければ気が済みません。(笑)

 

空力チューンだけで驚異のカタログ燃費150%超え達成!

最高燃費「35.3km/L」をマーク

 

ノーマル状態の26.5km/Lから空力チューンによって8.8km/Lも燃費が上がっています。一般的にカタログ燃費の60〜70%が実燃費と言われていることを考えると、カタログ燃費が23.5km/LのワゴンRが35.3km/Lの実燃費を叩き出したことがいかに驚異的なことであるかがわかります。なんとカタログ燃費の150%に達しています。

 

これまで私が行ってきたリアルな空力チューンの内容や、次々に降りかかってくる技術的課題に対してどのように考え、試行錯誤し、結果を残してきたかを以下のコンテンツにまとめています。

 

燃費を少しでも上げたい方、高速道路を頻繁に利用する方、空力チューンそのものに興味がある方、ぜひとも参考にしてみてください。燃費向上のヒントが必ず見つかりますよ!

 

サルでもわかる「空力」講座
空力チューンで実燃費30km/Lを超えろ!
速く走るための空力チューン大特集! 

 

燃費でお悩みのあなたにこそ、「現車合わせの安心感を」

現車合わせの空力チューンの例

 

現車合わせだからこそできる「確かな」空力チューン

同じ車種であってもグレードやマイナーチェンジなどによって、車体形状は大きく変化することは普通にあります。純正オプションなどによってスポイラーやウイングが付いていたり、インナーフェンダーやストレーキがあったりなかったり、既に社外のエアロや車高を下げている、などなど状態は千差万別と言っても過言ではありません。

 

「餅は餅屋」に頼むべし

何となくやり方や考え方がわかっていても、いざ自分の車を前にするとどうしたらいいかわからなくて、半信半疑で行ってしまった空力チューン。そんな怪しい状態で行った空力チューンが満足する効果を発揮するでしょうか?言わずもがな、「NO」です。

 

理論と経験に裏打ちされた「本物」をあなたに

私はワゴンRで「燃費に特化した空力チューン」を行い、S2000では「速さに特化した空力チューン」を行ってきました。燃費と速さは相反するものと考えるのが普通ですが、空力の理論は何ら変わるものではありません。ただ理論の応用の仕方が違うだけです。実際に空力の理論を燃費向上することだけに応用したワゴンRの実燃費は、なんとカタログ燃費の150%に到達しています。もちろんこの領域に到達するまで、膨大な量の試行錯誤が必要でした。その中で培ってきた理論と経験はワゴンRだけに留まらず、大型トラックから軽自動車まで幅広く対応できる「本物」の空力チューンであると断言できます。

 

現車合わせの空力チューンの依頼は↓から!


開けない場合は↓からお願いします。(不具合のためPCからでしかお問い合わせできない状態です)
http://all-for-brake.com/script/mailform/5150/

 

お客様の声 「街乗りのみでも効果があって嬉しい!」 「ワクワクした!」

 

日産ノート X・DIG-Sのお客様

 

「近場のチョイ乗りばかりで燃費が悪く、なんとかして欲しい」というお客様

私のサイトを見て空力チューンに興味を持ち、燃費が少しでも良くなるならと藁にも縋る思いで相談に来てくれました。基本的に空力チューンは速度域が低い街乗りでは効果を体感しにくいのですが、燃費に悩むお客様のお悩みを少しでも解消できればと思い、引き受けることにしました。以下がお客様のデータです。

 

・お客様データ
車種:日産ノート X・DIG-S (カタログ燃費 24km/L)
用途:街乗りオンリー、近所のお買い物などチョイ乗りで使用。
実燃費:11km/L(満タン法)
年間走行距離:7000km
燃料:レギュラー

 

ご希望:「目立たないように控えめで」

私のワゴンRのように悪目立ちすることを心配されていましたが、人目に付かないようにしつつもきちんと効果がある空力チューンを提案させていただきました。お客様も内容を聞いて納得されたうえで、空力チューンを依頼していただきました。実施した空力チューンは以下の2つになります。

 

空力チューン@ タイヤの回転抵抗を減らす

 

タイヤハウス内の作業例

 

「目立ちたくない」というお客様にとって、タイヤハウス内の空力チューンがオススメです。タイヤハウス内であれば、ジロジロとのぞき込まれない限り気付かれることはありません。また燃費向上にもタイヤハウス内の空力チューンは効果的で、ワゴンRでも11.3%燃費がアップした実績があります。タイヤハウス内と一口に言っても、車種によってその形状は様々であり、適切に行わなければ空力チューンの効果は発揮できません。現車合わせが力を発揮する部分だと確信しています。

 

空気抵抗低減だけが能じゃない!アルミテープで燃費を上げるもう一つの方法とは?
インナーフェンダーにアルミテープは有効か?いざ実践! 

 

空力チューンA 境界層を制御し、車体前後の圧力差による圧力抗力を軽減する

 

車体後方の作業例

 

タイヤハウス内に比べたら多少目につきますが、空力チューンの肝である「空気抵抗を減らす」という観点からこの空力チューンは外せません。車体後方で流速の低下が引き起こす「境界層の剥離」を防止し、車体後方に発生する負圧を軽減する効果があります。これによって空気抵抗が大きくなってくる60km/hあたりからの抵抗感がかなり減り、スムーズに前に進むようになります。この空力チューンの効果もワゴンRで実証されており、12%燃費が向上した実績があります。車体形状も車種によって様々であり、最適な空力チューンを行わなければ求める効果は発揮できません。現車合わせによる空力チューンをオススメ致します。

 

空気抵抗を減らすためにやるべきこと
空力チューン第1弾!流体力学の応用!嵐を呼ぶ男「ボルテックスジェネレーター」編 

 

空力チューン@によって+1.9km/L、17.3%燃費アップ!

 

 

 

送って頂いた車載燃費計のデータ記録の例

 

空力チューン@の「タイヤの回転抵抗を減らす」を実施し、約1週間乗る度に車載燃費計のデータを記録していただきました。送られてきたすべての車載燃費計の値は空力チューン前の11km/Lを超えていました。実際に満タン法で計算したところ(11km/L→12.9km/L)となんと1.9km/L、17.3%燃費がアップしました(12.32Lで159.1km走行)。高速主体のワゴンRよりも街乗りオンリーのノートの方が燃費向上したのは意外でしたが、この結果から街乗りオンリーでも燃費向上に高い効果があることが証明されました。

 

空力チューンAによって+1.1km/L、8.5%燃費アップ!

 

送って頂いた車載燃費計のデータ記録の例

 

空力チューンAの「境界層を制御し、車体前後の圧力差による圧力抗力を軽減する」を実施し、約2週間乗る度に車載燃費計のデータを記録していただきました。送られてきた写真は空力チューン@のときよりも高い数字を示しているものが多く、実際に満タン法で計算したところ(12.9km/L→14.0km/L)となんと1.1km/L、8.5%燃費がアップしました(25.23Lで352.0km走行)。流石に高速主体のワゴンRの方が街乗りオンリーのノートよりも高い燃費向上効果がありましたが、街乗りオンリーでMAX60km/h程度でも空力チューンAは燃費向上に効果があることが証明されました。空力チューン@,Aを合わせるとなんと3km/Lも燃費がアップし、驚異の+27.3%にも及びました。この他にも実績のある空力チューンがありますので、更なるステップアップの際はまたご相談くださいね。

 

現車合わせの空力チューンの依頼は↓から!


開けない場合は↓からお願いします。(不具合のためPCからでしかお問い合わせできない状態です)
http://all-for-brake.com/script/mailform/5150/


HOME 空力チューンで実燃費30km/Lを超えろ! サルでもわかる「空力」講座 速く走るための空力チューン大特集!