禁断の「アルミホイールにアルミテープ」、果たして効果は?

通勤用のワゴンRの実燃費はおよそ26.5km/L。
そんなワゴンRの燃費を良くするために障壁となっているのは「空気抵抗」であると考えた。そう、空気とお友達になれば自ずと燃費も良くなるのではないかというのが私の直感である。そこで私はワゴンRに空力チューンを施し、実燃費「30km/L」をコンスタントに叩き出すことを目標とした。これが「プロジェクト30」の始まりである。

 

今回のテーマは「アルミホイールにアルミテープを貼って果たして意味があるのか」
眉唾物の疑問を実際の燃費データで検証してみる。
 

「金属」にアルミテープ貼っても意味ないだろ!

 

出典:BBS LM

 

アルミホイールはそもそもアルミですよ? 

そうなのである。アルミホイールは「アルミ」で作られたホイールなのである。(笑)
つまり、普通に考えればアルミにアルミを貼ってもそれはアルミなのである。当然意味なんてあるわけないと私も思っていた。

 

でも、アルミホイールって塗装してあるよな…

 

出典:NISMO LM GT4

 

もしかして導通がないのでは?

アルミホイールが何も塗装がなく、剥き出しの状態ならば導通は間違いなくあるはず。だがしかし、その上から塗料でコーティングされていたらどうだろう?アルミは塗料の下に隠れてしまい、プラスチックなどと同じような絶縁体になってしまうのではないだろうか?

 

予感的中!アルミホイールに導通なし

とりあえずテスターで現物のアルミホイールを確認してみよう

 

今回使ったテスターはコレ!

 

今回使ったテスターは小型デジタルマルチテスターのDT-830Bというものである。何かの閉店セールで安売りされていたやつを「いつか役立つはず」と思って買っておいた。驚異の80%OFFである。(笑)
ちなみに私はこれがいいものなのかどうかすら検討が付かない。(笑)

 

使い方がわからないので説明書を見てみると導通モードがなかった。それなのでネットで調べると、「Ω」にすると間接的に導通をチェックできることがわかった。覚え書き程度に書いておくと、Ωは抵抗を示しており、Ωの値が大きいほど抵抗が大きく電気が流れづらく、導通がないことを示す。逆に抵抗が0に近づくほど電気が流れやすく、導通があるということになる。

 

まずはテスターのチェック

 

 

とりあえず説明書通りに赤と黒の線を繋ぎ、Ωの2000Kにして測定してみた。以降設定は変えずに測定した。
赤と黒の線を接触させると、004という値が出た。一瞬、「0じゃないのか?」と思ったがまぁ導通はあるということでOKとしよう!

 

続いてアルミホイールのチェック

 

よくわからない値が出たが、おそらく2000KのΩでも計れないくらい抵抗が大きいということで理解した。これはつまり「アルミホイールは導通なし」ということではないか! 

 

ついでにナット部分も計ってみた。

ナットはパッと見で塗装してないし、金属に違いないはずなので参考として計ってみた。

 

 

やはりナットは導通があるようだ。写真は撮ってないが、空気を入れるバルブ部分もナット同様に導通を確認できた。となると、アルミホイールの大部分は導通がないということになる。もしかすると、今までありえないと思っていたアルミホイールにアルミテープが間違いとは言えない流れになってきた。これは試してみるしかない!

 

禁断の「アルミ on アルミ」を実行

デニム on デニムならぬ「アルミ on アルミ」を実行に移した。アルミホイール4本とも全く同じようにアルミテープを貼った。スポーク部は長さ5cmにカットし、ホイールキャップ部は中央になるように貼り付けた。

 

ホイールキャップとスポーク10本中5本にアルミテープ施工

 

貼り方のねらい

スポーク部はタイヤに最も近くなるようにアルミテープを貼った。これはあくまで予測だが、回転体の中心より外側の方が空気に触れる確率が高いと考え、スポーク先端にアルミテープを貼った。アルミテープはもちろんギザギザにカットしたものを使用し、コロナ放電による静電気カットを狙った。ホイールキャップもプラスチックだったのでとりあえず貼ってみた。もしかしたらハブ等の静電気もカットしてくれるかもしれない?ちなみになぜスポーク10本すべてにアルミテープを貼らなかったかというと、単純にアルミテープが足りなかったからである。(笑)もし十分な量のアルミテープがあれば10本すべてに貼っていたと思う。

 

改めて導通チェック

 

 

 

アルミテープは3M製の導通アルミテープを使用

 

さすが3M!アルミテープを貼った箇所は抵抗0の導通バッチリ!これで準備は整った。あとはいつも通り実走行による燃費チェックといこう。

 

禁断の「アルミ on アルミ」で過去最高の32.0km/Lをマーク

 

過去最高の32.0km/Lをマーク

 

前後ストレーキ、インナーフェンダーにおいてかなり有効であったアルミテープによるコロナ放電は、アルミホイールでも効果はあり、装着前から0.4km/Lアップ32.0km/Lをマークした。予測ではもう少し燃費向上するかと思っていたが効果は控えめであった。タイヤ周辺のアルミテープの効果があることに変わりはないが、前後ストレーキとインナーフェンダーのアルミテープチューンで3.2km/Lも燃費が上がった実績に比べると0.4km/Lアップはなんとも効果が小さいといえる。

 

結論:アルミホイールにアルミテープの効果は小さい(0.4km/Lアップ)

禁断の「アルミホイールにアルミテープ」、果たして効果は? 関連ページ

ワゴンRで実燃費30km/lを超えろ!プロジェクト30始動
高速道路で実燃費を上げる3つの方法とは?
アクセル操作と燃費の密接な関係とは? 〜クルコンVS人間クルコン〜
街乗り燃費UPに欠かせない「アクセルOFF」のタイミングとは?
空力チューン第1弾!流体力学の応用!嵐を呼ぶ男「ボルテックスジェネレーター」編
ボルテックスジェネレーターを使って燃費を12%上げた方法
自動運転は実燃費を下げる?
空力チューン第2弾!エコカー必須装備の「フロントストレーキ」装着で超えろ30km/L!
空力チューン第3弾!トヨタ考案のアルミテープチューンの効果はいかに?
空力チューン第4弾!リアバンパー穴開け加工でパラシュート効果をやっつけろ!
空力チューンでミラーの風切り音を攻略せよ!
空力チューン第5弾!ドアバイザー外しで風切り音を低減せよ!
空力チューン第6弾!サイドステップ風エアロで横風侵入を防げ!
大型トラックの前を走ると燃費が悪くなる理由
空力チューン第7弾!リアストレーキで回転抵抗を低減せよ!
ゲリラ雷雨で露呈したアルミテープの弱点とは?
空気抵抗低減だけが能じゃない!アルミテープで燃費を上げるもう一つの方法とは?
インナーフェンダーにアルミテープは有効か?いざ実践!
純正リアウイングって効果あるの?
空力チューン第8弾!純正ルーフスポイラーのお手並み拝見
アルミテープチューンはやり方次第でマイナスになる
空力チューン第9弾!リアタイヤを覆え!「リアスパッツ」の効果とは?
リアスパッツ改善プロジェクト第1弾!「問題点を洗い出せ!」
リアスパッツ改善プロジェクト第2弾!「リアバンパーに空気を送れ!」
なぜプリウスは燃費が良いのか
リアスパッツ改善プロジェクト第3弾!「回転を妨げている意外な正体とは?」
リアスパッツ改善プロジェクト第4弾!「ボルテックスジェネレーターでリアスパッツ周辺の気流を操れ!」
スリップストリームで燃費が上がる!その理由とは?
リアスパッツ改善プロジェクト第5弾!「絶大な効果を示したリアスパッツ内のスペシャルチューンとは?」
充電制御車の見分け方とその仕組みを利用した燃費向上テクニックとは?
自作ディフューザーの効果検証!果たして燃費は上がるのか?
自作フェンダートリムでドラッグを減らせ!
洗車をすると燃費は伸びるのか?粘性抵抗を制御することで燃費は上がるのか実験してみた

HOME 空力チューンで実燃費30km/Lを超えろ! サルでもわかる「空力」講座 速く走るための空力チューン大特集!