空力チューン第7弾!リアストレーキで回転抵抗を低減せよ!

通勤用のワゴンRの実燃費はおよそ26.5km/L。
そんなワゴンRの燃費を良くするために障壁となっているのは「空気抵抗」であると考えた。そう、空気とお友達になれば自ずと燃費も良くなるのではないかというのが私の直感である。そこで私はワゴンRに空力チューンを施し、実燃費「30km/?」をコンスタントに叩き出すことを目標とした。これが「プロジェクト30」の始まりである。

 

その記念すべき第7弾は「リアストレーキ」による空力チューンである。

 

リアストレーキってなに?

 

出典:Honda技研

 

そもそもストレーキと言われてもピンと来ない方もいるだろうということで、上の画像を見て欲しい。上の画像の右側の白い〇で囲まれている部分がリアストレーキである。

 

ストレーキはエコカーやセダン、ミニバン、SUV、はたまたスーパーカーにも採用されているグローバルスタンダードな技術であることはフロントストレーキ装着の際に述べた。だがしかし、フロント同様マイワゴンRには採用されていなかった。誠に残念ながらコストカットされてしまっている。

 

リアストレーキに期待する効果

 

出典:https://carcle.jp/UserBlog?UserID=5941

 

基本は「フロントストレーキ」と一緒

リアストレーキも「リアタイヤの回転抵抗をなくすこと」が目的であることに変わりはない。上の画像を見ると、フロントバンパーの前とフロントタイヤの前ほどではないにしろ、リアタイヤ前も圧力が高い「正圧」の領域であることは理解できる。

 

ということはフロントストレーキほどではないが、リアタイヤ前にストレーキを装着することは燃費を上げるうえで価値があると考えられる。

 

リアタイヤ前の正圧をなくしたい

なぜリアタイヤ前が正圧なのか私なりに考えてみると、
@走行中、前から流れてくる空気
Aタイヤの回転によってタイヤハウス内の空気が巻き込まれ、リアタイヤ前に来てしまう

 

この2つが合わさった結果として起きてしまうのではないかと思う。基本的にタイヤがフロントかリアかというだけで、基本的な考え方は変わらない。ただフロントの方が、@の走行中に前からぶち当たる空気が強烈で、フロントタイヤ前に大きな空気の塊(正圧)が発生してしまうだけである。

 

リアタイヤの回転抵抗を減らせ!

リアストレーキを装着するただ一つの理由がこれである。
だが、フロントストレーキ同様、私が乗っているmh23s型ワゴンRにはリアストレーキの設定がないのである。

 

ならばどうするか…。

 

そうだ!サイドステップの余り物を適当にチョン切ってリアストレーキにしよう!(笑)

 

出典:名探偵コナン

 

ということで、サイドステップの余りを適当に使いまわすことにした。

 

実際に付けてみた

 

 

モノ自体はハサミで簡単に切れるため、車体サイドの金属部に最も大きい面積になるように切ったところ、約6cmぐらいの幅になった。リアストレーキはサイドステップの使いまわしの材料のため、ペナペナで軽い。そのため付属の両面テープで十分だと判断した。フロントストレーキとは打って変わって楽な作業だった。

 

取り付けの狙い

 

リアタイヤに最も近くなるように設置

 

@リアタイヤに最も近くなるように付ける
フロントストレーキはバンパーの形状に沿って取り付けた。それに対してリアストレーキはリアタイヤの極力近くに設置し、空気による回転抵抗を減らそうと試みた。

 

A本来の向きと逆向きに使う
前から当たる空気を減らしたかったため、「く」の字になるように装着した。これもサイドステップ同様に逆向きである。この商品に関しては正しい使い方で一度も使っていない。(笑)

 

いざ走行テスト!

テストコースはいつも通りの通勤ルートである。季節的には真夏だが、なぜかリアストレーキ装着時はエアコンを使わなくても耐えられるぐらいの気温だった。そのため、エアコン未使用時でのインプレッションになる。

 

 走行インプレッション

正直に言おう、違いはほとんどわからない。(笑)
同時にサイドステップも装着していたことから尚のこと違いがわからない。フロントタイヤに比べ、リアタイヤはそもそもの圧力が低く、インナーフェンダーもまともなものは付いていない。そのため、タイヤハウス内の空気の巻き込みなどもフロントに比べて影響が小さいのかもしれない。そんな状況で感じたことをあげていく。

 

最初は良いが途中から抵抗感あり

高速を走り始めてすぐのときはストレーキを恩恵を授かることができたように感じたが、途中からブレーキが掛かったかのような抵抗感を感じるようになった。これもフロントストレーキ同様にアルミテープ装着で改善できそう。

 

気になる燃費は?

残念ながら燃費はダウンしてしまった。(31.1km/L→30.3km/L)
走行インプレッションで感じた「抵抗感」がそのまま結果に表れたのであろう。

 

また、リアストレーキを装着する前に車検があり、そのとき純正サスが死んでいた(まだ3万km台なのに…)ため、カヤバのローファースポーツに4輪交換した。それによって車高も前後3cmほどローダウンしている。その影響もあるかもしれないし、リアストレーキと同時装着したサイドステップも影響しているかもしれない。

 

いずれにせよ、対策は行わなくてはならない。今のところ有効だと考えられるのは「アルミテープによる帯電除去」である。そのため、次回は再びアルミテープを使って燃費向上を狙っていく。

空力チューン第7弾!リアストレーキで回転抵抗を低減せよ! 関連ページ

ワゴンRで実燃費30km/lを超えろ!プロジェクト30始動
高速道路で実燃費を上げる3つの方法とは?
アクセル操作と燃費の密接な関係とは? 〜クルコンVS人間クルコン〜
街乗り燃費UPに欠かせない「アクセルOFF」のタイミングとは?
空力チューン第1弾!流体力学の応用!嵐を呼ぶ男「ボルテックスジェネレーター」編
ボルテックスジェネレーターを使って燃費を12%上げた方法
自動運転は実燃費を下げる?
空力チューン第2弾!エコカー必須装備の「フロントストレーキ」装着で超えろ30km/L!
空力チューン第3弾!トヨタ考案のアルミテープチューンの効果はいかに?
空力チューン第4弾!リアバンパー穴開け加工でパラシュート効果をやっつけろ!
空力チューンでミラーの風切り音を攻略せよ!
空力チューン第5弾!ドアバイザー外しで風切り音を低減せよ!
空力チューン第6弾!サイドステップ風エアロで横風侵入を防げ!
大型トラックの前を走ると燃費が悪くなる理由
ゲリラ雷雨で露呈したアルミテープの弱点とは?
空気抵抗低減だけが能じゃない!アルミテープで燃費を上げるもう一つの方法とは?
インナーフェンダーにアルミテープは有効か?いざ実践!
純正リアウイングって効果あるの?
禁断の「アルミホイールにアルミテープ」、果たして効果は?
空力チューン第8弾!純正ルーフスポイラーのお手並み拝見
アルミテープチューンはやり方次第でマイナスになる
空力チューン第9弾!リアタイヤを覆え!「リアスパッツ」の効果とは?
リアスパッツ改善プロジェクト第1弾!「問題点を洗い出せ!」
リアスパッツ改善プロジェクト第2弾!「リアバンパーに空気を送れ!」
なぜプリウスは燃費が良いのか
リアスパッツ改善プロジェクト第3弾!「回転を妨げている意外な正体とは?」
リアスパッツ改善プロジェクト第4弾!「ボルテックスジェネレーターでリアスパッツ周辺の気流を操れ!」
スリップストリームで燃費が上がる!その理由とは?
リアスパッツ改善プロジェクト第5弾!「絶大な効果を示したリアスパッツ内のスペシャルチューンとは?」
充電制御車の見分け方とその仕組みを利用した燃費向上テクニックとは?
自作ディフューザーの効果検証!果たして燃費は上がるのか?
自作フェンダートリムでドラッグを減らせ!
洗車をすると燃費は伸びるのか?粘性抵抗を制御することで燃費は上がるのか実験してみた

HOME 空力チューンで実燃費30km/Lを超えろ! サルでもわかる「空力」講座 速く走るための空力チューン大特集!