空気抵抗低減だけが能じゃない!アルミテープで燃費を上げるもう一つの方法とは?

通勤用のワゴンRの実燃費はおよそ26.5km/L。
そんなワゴンRの燃費を良くするために障壁となっているのは「空気抵抗」であると考えた。そう、空気とお友達になれば自ずと燃費も良くなるのではないかというのが私の直感である。そこで私はワゴンRに空力チューンを施し、実燃費「30km/?」をコンスタントに叩き出すことを目標とした。これが「プロジェクト30」の始まりである。

 

今回はアルミテープで燃費を上げる「もう一つの方法」を提案したい。

 

アルミテープを付ける理由

 

出典:https://www.webcartop.jp/2016/09/50400

 

アルミテープを付ける理由はただひとつ。
「放電」である。

 

現代の車は、車体の多くに樹脂を使っている。樹脂は別名プラスチックと呼ばれ、基本的に電気を通さないという特徴を持っている。この特徴が厄介なのである。

 

走行中のボディは帯電している

 

出典:下敷き

 

小学校の時に誰もが一度はやった、静電気で髪を逆立てる”アレ”である。下敷きはプラスチックで作られており、髪の毛で擦ると静電気が発生する。その静電気によって髪の毛が逆立つというものである。

 

走行中のボディと空気の摩擦がもたらすもの

トヨタによると、走行中のボディは正(プラス)に帯電するらしい。これは走行するボディと空気の摩擦によって、静電気が発生するためである。

 

また走行するボディ周辺の空気も正(プラス)に帯電しているということがわかっている。つまりボディと空気が同じ正(プラス)に帯電してしまっているということである。これは非常に良くない。上の画像のようにボディと空気が反発し、お互いを遠ざけようとしてしまう。

 

出典:磁石

ボディから空気が剥離してしまうのが問題

静電気が帯電することによってボディと空気がお互いを遠ざけ、その結果としてボディから空気が剥離してしまう不具合が起こる。ボディから空気が剥離してしまうとボディの周りを空気がきれいに流れなくなる。その結果、空気の渦を引き起こし、車体は不安定になるとともに抵抗感を感じるようになってしまう。

 

静電気の悪影響はそれだけじゃない

一般的には上に書いたことがアルミテープチューンの分かりやすい応用例である。ボディに使われているバンパーなどのプラスチックが使用されている外装部分にアルミテープを貼るというのがオーソドックスなアルミテープチューンである。

 

出典:ヨコハマタイヤ

 

あなたは忘れていないだろうか?
走行中のボディよりも遥かに速いスピードで地面や空気と常に摩擦している「タイヤ」という存在を。

 

タイヤはみなさんご存知のようにゴムを主成分とする絶縁体である。正確にはカーボンブラックなどの導電性を有する材料がゴムの補強材としてブレンドしてあるため、完全な絶縁体ではない。だが、鉄やアルミなどの金属材料と比べてタイヤに溜まった静電気が放出されにくいのは一目瞭然である。事実、タイヤメーカーも走行中のタイヤに発生する静電気を取り除こうとさまざまな工夫を凝らしているのである。

 

それほどまでにタイヤと静電気は深いつながりがあり、技術的に解決しなくてはならない「課題」なのである。

 

タイヤメーカーがやりたくてもできないことをやればいい!

 

出典:ブリヂストン

 

アルミテープを使って燃費を上げるもうひとつの方法とは「タイヤの静電気放出」である。タイヤメーカーが「ああすれば絶対効果がある、だけどやりたくてもできない」。これを我々はやればいいのである。

 

タイヤメーカーが手を加えられるのは「タイヤ」だけ!

タイヤメーカーはあくまでもタイヤメーカーであるため、タイヤにしか手を加えられない。私自身もブレーキメーカーに勤務しているためこれがよくわかる。「ハブをああしてくれたらとかホイールをこんな感じにしたらいいのに」なんて思っても、ブレーキメーカーであるためあくまでも自社が製造するブレーキ部品にしか手を加えることができないのである。

 

だが、エンドユーザーである私たちは自らの手でどうにでも手を加えることができる。そこに燃費アップのカギがあるはずだ。

 

アルミテープでタイヤに帯電する静電気を削ぎ落とすイメージ

イメージはこれだ!
ギザギザにカットしたアルミテープで、タイヤの回転を妨げる静電気をタイヤが回転する度に削ぎ落とし、タイヤの回転をスムーズにすることができると私は考えた。タイヤがスムーズに回るということはつまり、「燃費が上がること」を意味する。

 

実際にやってみた

フロントストレーキのタイヤ側に張り付け

 

 

リアストレーキのタイヤ側に張り付け

 

ポイントは「コロナ放電」

写真にあるようにフロント・リアのストレーキのタイヤ側にギザギザにカットしたアルミテープを張り付けた。このギザギザにカットするというのがポイントで、ギザギザにカットしたアルミテープからプラス・マイナス両方のイオンが放出され、タイヤの静電気(プラスに帯電)とマイナスイオンが結び付くことで静電気を中和してくれるのである。

 

例えると、
大根おろし(ギザギザにカットしたアルミテープ)で、大根の皮(タイヤに帯電した静電気)を切り落とすイメージである。分かりにくいかな?(笑)

 

なんと燃費が1.7km/Lもアップ!

実際にフロント・リアのストレーキにアルミテープを貼り、いつも通りの通勤ルートで試してみた。すると30.1km/Lという結果が出た。これはアルミテープを貼る前の28.4km/Lから1.7km/Lもアップしたことになる。

 

スムーズな走り

ギザギザにカットしたアルミテープの効果テキメンといったところだろうか、スムーズな走りなのである。気持ちロードノイズが減ったような気もする。それ以上に体感できたのはやはり抵抗感が減ったことである。これはフロントストレーキ装着後にアルミテープを貼ったときと同じフィーリングである。

 

目には目を、静電気にはアルミテープを

出典:3M製アルミテープ

 

正直、フロント・リアに装着しているストレーキは純正品ではなく、社外の汎用品を無理やり取り付けたもので、形状や材質などが適切なものなのかどうかよくわからない。それゆえ取り付け後は、なんとなく取り付け前に比べて抵抗感があるというか車が前に進まないのである。

 

今回の対策で抵抗感の正体が「静電気」であることが明らかになり、静電気の対策にアルミテープがとても効果的であることも実証された。

 

タイヤメーカーがやりたくてもできない「アルミテープチューン」。
あなたも試してみてはどうだろうか?

空気抵抗低減だけが能じゃない!アルミテープで燃費を上げるもう一つの方法とは? 関連ページ

ワゴンRで実燃費30km/lを超えろ!プロジェクト30始動
高速道路で実燃費を上げる3つの方法とは?
アクセル操作と燃費の密接な関係とは? 〜クルコンVS人間クルコン〜
街乗り燃費UPに欠かせない「アクセルOFF」のタイミングとは?
空力チューン第1弾!流体力学の応用!嵐を呼ぶ男「ボルテックスジェネレーター」編
ボルテックスジェネレーターを使って燃費を12%上げた方法
自動運転は実燃費を下げる?
空力チューン第2弾!エコカー必須装備の「フロントストレーキ」装着で超えろ30km/L!
空力チューン第3弾!トヨタ考案のアルミテープチューンの効果はいかに?
空力チューン第4弾!リアバンパー穴開け加工でパラシュート効果をやっつけろ!
空力チューンでミラーの風切り音を攻略せよ!
空力チューン第5弾!ドアバイザー外しで風切り音を低減せよ!
空力チューン第6弾!サイドステップ風エアロで横風侵入を防げ!
大型トラックの前を走ると燃費が悪くなる理由
空力チューン第7弾!リアストレーキで回転抵抗を低減せよ!
ゲリラ雷雨で露呈したアルミテープの弱点とは?
インナーフェンダーにアルミテープは有効か?いざ実践!
純正リアウイングって効果あるの?
禁断の「アルミホイールにアルミテープ」、果たして効果は?
空力チューン第8弾!純正ルーフスポイラーのお手並み拝見
アルミテープチューンはやり方次第でマイナスになる
空力チューン第9弾!リアタイヤを覆え!「リアスパッツ」の効果とは?
リアスパッツ改善プロジェクト第1弾!「問題点を洗い出せ!」
リアスパッツ改善プロジェクト第2弾!「リアバンパーに空気を送れ!」
なぜプリウスは燃費が良いのか
リアスパッツ改善プロジェクト第3弾!「回転を妨げている意外な正体とは?」
リアスパッツ改善プロジェクト第4弾!「ボルテックスジェネレーターでリアスパッツ周辺の気流を操れ!」
スリップストリームで燃費が上がる!その理由とは?
リアスパッツ改善プロジェクト第5弾!「絶大な効果を示したリアスパッツ内のスペシャルチューンとは?」
充電制御車の見分け方とその仕組みを利用した燃費向上テクニックとは?
自作ディフューザーの効果検証!果たして燃費は上がるのか?
自作フェンダートリムでドラッグを減らせ!
洗車をすると燃費は伸びるのか?粘性抵抗を制御することで燃費は上がるのか実験してみた

HOME 空力チューンで実燃費30km/Lを超えろ! サルでもわかる「空力」講座 速く走るための空力チューン大特集!