スポーツカーを愉しむ | 空力による燃費向上実践記や速く走るための空力理論など

「スポーツカーを愉しむ」で私が目指すもの

 

もっと車の面白さや愉しさをあなたに知って欲しい 

私はそんな思いでこのサイトを運営している。

 

その中でも私自身が夢中になって取り組んだ空力チューンは、めちゃめちゃ面白くて愉しい。

 

実際にワゴンRを実験車両として様々な空力チューンを施し、高速通勤で燃費向上することだけを考えて夢中で取り組んでいる。

 

その中で得られたノウハウや貴重な経験は自分の中だけで留めておくべきではないし、どんどん公開してこそ価値があるものだと私は思っている。

 

そのため、私が得られた経験やノウハウは記事にして全公開している。

 

「もっと車を好きになって欲しい、もっと車好きを増やしたい」という私の志である。

 

突き詰めればエコも愉しめる!空力チューンで「燃費」を究めろ!

MT車で一切のエコ装置を持たないワゴンRが実験車両

 

「空力チューン」で実燃費30km/L超えを目指す闘い

ワゴンRは私の通勤車両であり、空力チューンの実験車両である。

 

私の通勤ルートは全体の約80%が「高速道路」であり、燃費向上に「空力チューン」は欠かせない。

 

「毎日がリアルな風洞実験」という環境は、空力チューンの効果を確かめる上でこれ以上ない環境である。

 

通勤を単なる移動の時間にするだけでは面白くないと考えた私は、通勤すらも愉しむために「プロジェクト30」をスタートさせた。

 

プロジェクト30は、ワゴンRに空力チューンを施し、実燃費30km/L超えを目指すプロジェクトである。

 

これまで私が行ってきたリアルな空力チューンの内容や、次々に降りかかってくる技術的課題に対してどのように考え、試行錯誤し、結果を残してきたか、是非愉しんで頂きたい。

 

空力チューンで実燃費30km/Lを超えろ!

 

速く走るための空力チューン大特集!

 

エアロツアラー化計画で、高級セダンの静粛性を目指す!

ワゴンRは空力チューンの実験車両でありながら、通勤車両でもあるため、「快適さ」も重要な性能である。

 

しかしながら、NAエンジンでMT車の軽自動車であるワゴンRは「ツアラー性能」に劣っている。

 

そこで、空力チューンと車内の静粛性を向上させ、燃費性能と快適性を両立させるべく、「エアロツアラー化計画」にも取り組んでいる。

 

軽自動車であるワゴンRがどこまで快適になるのか、非常に見物である。

 

ワゴンRを「エアロツアラー」に進化させよ!

 

「S2000のある生活」セカンドカーでオープンピュアスポーツカーを愉しむ

愛車「S2000」は私にとって「魂」である

 

オープンドライブ、チューニング、サーキットなどなど愉しみ方はたくさん!

ワゴンRで通勤する一方、休日はセカンドカーである「S2000」に乗る。

 

これは私の人生にとって重要な意味を持っている。

 

私にとってS2000は単なるスポーツカーではなく、心の拠り所であり、私の魂である。

 

ホンダ50周年記念として開発され、市販車としては異常なまでのこだわりを持って世に出された。

 

S2000のためだけに専用設計されたシャーシ、エンジン、ミッションなどによって、その走りはF1のようにレーシングで官能的なものである。

 

そんな公道を走れるレーシングカーは「オープンカー」でもある。

 

ホンダのSとしてゆっくりワインディングを流してもオープンカーの雰囲気を愉しめ、その気になれば国産最強クラスのコーナリングマシンとしてサーキットで本領発揮することもできる。

 

ただそばにいてくれるだけで幸せになれる、私にとってS2000はそんな車である。

 

S2000をもっと愉しむチューニング

 

S2000オーナーが語る「オープンカー」のあれこれ

 

セカンドカーは男のロマン!S2000購入までのお話

 

愛車を護る「ガレージ」が欲しい!ガレージの構想から実現まで


HOME 実燃費30km/L超えのロマンを求めて S2000チューニング日記 プロフィール