スポーツカーを愉しむ | 空力による燃費向上実践記や速く走るための空力理論など

ワゴンRエアロツアラー化計画始動!エーモン静音計画でツアラー性能を追求せよ!

ストイックに空力を追求してきたワゴンR、通勤ルートでの最高燃費は「35.3km/L」

 

空力チューンによる燃費向上を追求してきた「ワゴンR」

これまで数多くの空力チューンによって燃費向上を遂げてきた我がワゴンR。

 

その「エアロ」は機能性のみを追及したスパルタンな仕上がりである。

 

カタログ燃費23.5km/LのMT車であるMH23S型ワゴンRを空力チューンのみでカタログ燃費の150%まで押し上げてきた。

 

空力チューンで実燃費30km/Lを超えろ! 

 

そんな高速通勤スペシャルであるワゴンRを今よりもっと優れた車にすべく、「ツアラー性能」の強化に取り組むことにした。

 

ワゴンR「エアロツアラー化計画」の火蓋が切られた瞬間である。
ワゴンRを「エアロツアラー」に進化させよ!

 

 

 

「ツアラー」に求められる性能とは?

出典:レヴォーグ

 

長距離・長時間の移動が快適であること

ツアラーに求められるものは簡単に言うと、「長距離移動が快適である」ということだけである。

 

高速道路での快適さを一言で表すことは私にはできないが、

 

・強風に煽られても安定した走りができること

 

・パワーが十分にあり追い越しが楽であること

 

・風切り音やロードノイズが少なく車内の静粛性が高いこと

 

・シートが体にフィットして疲れにくいこと

 

・エアコンによる冷暖房がすぐに効くこと

 

などが思い浮かんできた。

 

エンジンパワー不足は天性の才能

軽自動車&NAエンジン&MTである私のワゴンRは、最初からエンジンパワー面でハンディキャップを抱えている。

 

こればっかりはどうしようもないので仕方ないとして、それ以外のツアラー性能を底上げしていくことが重要である。

 

そこで、ワゴンRエアロツアラー化計画では「車内の静粛性向上」をメインテーマとして進めていこうと思う。

 

「エアロツアラー」の称号を得るのに足りないものを手に入れろ!

目指せ!「AERO TOURER」

 

ワゴンRは「下駄車」として生まれたような車である

ワゴンRはスズキの代表的な軽自動車である。

 

スズキが考える軽自動車とは、限りなく「下駄車」に近いと私は思う。

 

下駄車とは読んで字の如く、下駄やスリッパのようにその辺をちょこっと転がして走るのにちょうどいい車のことである。

 

つまり、高級な革靴のように気分を高めるものでもなければ、履くのに気を遣うようなものでもない。

 

気楽にスリッパを履くように乗れる便利な車という位置づけなのである。

 

ワゴンRに特に足りないものは「静粛性」

誤解を恐れずに言えば、ワゴンRは「チープ」なのである。

 

様々な部分でコストカットされているのはスズキの軽自動車の宿命だと許容するほかない。

 

特に目に見えない部分はチープになりやすく、「静粛性」はコストカットの犠牲になりやすい。

 

例えば遮音材や断熱材の量が少なかったり、省かれたりしているのが現状であろう。

 

これから私がやろうとしていることは、スズキがコストカットしたことで失った「静粛性」を取り戻すことである。
ワゴンRを「エアロツアラー」に進化させよ! 

 

失われた静粛性を取り戻すために「エーモン静音計画」に投資しよう!

「エーモン静音計画B」ロードノイズ低減マットは効果なし?軽自動車で効果を試してみた

 

「エーモン静音計画」を大人買い!(笑)

まずは取っ掛かりとして「エーモン静音計画」から初めてみることにした。

 

というのも以前からドアやボンネット、リアゲートの隙間が空力に悪影響を及ぼすのではないかと気になっており、手を入れたかったポイントなのである。

 

さらに空力チューンによって風切り音が小さくなったため、相対的にロードノイズが気になるようになってきたのも事実である。

 

そのロードノイズ対策としてのフロアマットや、ドアや天井などの遮音・断熱性能を上げる取り組みも行っていきたいと思う。

 

ボルテックスジェネレーターを使って燃費を12%上げた方法

 

どれほど効果があるのか楽しみだ!

冬対策!秘技「グリル塞ぎ」で空気抵抗を減らし、吸気温度を上げよ!

 

今まで全く取り組んでこなかったことに挑戦するのはとても楽しい

私自身車が大好きだし、チューニングによって変化していく様を確かめるのも大好きだ。

 

なので「エーモン静音計画」でどれほど静粛性を向上できるのか今からワクワクして仕方ない。

 

ワゴンRを「エアロツアラー」に進化させよ! 

 

ワゴンRエアロツアラー化計画始動!エーモン静音計画でツアラー性能を追求せよ! 関連ページ

ワゴンRをカヤバ「ローファースポーツ」でローダウン!車高調にはない乗り心地と走り!
「エーモン静音計画@」風切り音低減モールでセンターピラー付近の風切り音を防げるのか?気になる効果をレビューしてみた!
「エーモン静音計画A」風切り音防止モールでドアの隙間を埋め、風切り音を防止せよ!
「エーモン静音計画B」ロードノイズ低減マットは効果なし?軽自動車で効果を試してみた
「エーモン静音計画C」風切り音防止テープで車内を密閉し、外部の音をシャットアウトせよ!
「エーモン静音計画D」ボンネットスポイラーでフロントガラス付近の風切り音をなくせ!
「エーモン静音計画E」静音マルチモールでボンネット下の隙間風を防げ!
プレミアムセダンVS軽自動車ワゴンR、車内の静粛性対決で勝つのはどっちだ?
ワコーズ「フューエルワン」で燃費UP効果とエンジン静粛性向上の「一石二鳥」を狙え!
ロードノイズ低減マットの切れ端で鉄板剥き出しのトランクルームを静音化せよ!
梅雨対策!ガラコでノーワイパー走行を実現させ、雨天走行時の快適性を向上せよ!
長時間ドライブの苦痛「腰痛」をシートクッションで手軽に解決せよ!
真夏の長時間駐車で灼熱地獄になった車内を一瞬で快適にする禁断の方法

HOME 実燃費30km/L超えのロマンを求めて S2000チューニング日記 「福ちゃん」のプロフィール