スポーツカーを愉しむ | 空力による燃費向上実践記や速く走るための空力理論など

マイホームとガレージの一体型「ビルトインガレージ」は、こんな人向けのガレージ!

出典:ビルトインガレージ

 

ガレージは大きく分けて2種類ある

カーポートとガレージ、車好きのニーズを満たしているのはどっちだ?にて、私がS2000を整備したり、盗難やいたずらから守るにはカーポートよりもガレージの方が適していることがわかった。

 

そこで、ガレージを調べていると、ガレージには大きく分けて2種類あることがわかった。

 

それは「車庫としてのガレージ」「ビルトインガレージ」である。

 

そこで今回は、ビルトインガレージがどんなものなのかお話することにする。

 

愛車を護る「ガレージ」が欲しい!ガレージの構想から実現まで 

 

 

 

家の中にインしたガレージ=ビルトインガレージ

出典:ビルトインガレージ

 

愛車と共に暮らす家=ビルトインガレージ

ビルトインガレージは簡単に言うと、家の中にガレージをインしたものである。

 

したがって、マイホームを建てるときに一緒にガレージ付きで建てるのが一般的である。

 

ちょうど上の画像のように、マイホームに付属するようにしてガレージ空間があることがわかるだろう。

 

人によっては「ガレージ付きマイホーム」ではなく、「マイホーム付きガレージ」なんてことになってしまう人もいるようだ。(笑)

 

ビルトインガレージは愛車を家族のように考え、マイホームで一緒に暮らすためのものである。

 

ビルトインガレージのメリット・デメリットを見ていこう。

 

ビルトインガレージのメリットとは?

出典:ビルトインガレージ

 

いつでも愛車がそばにある

ビルトインガレージのメリットは、何と言っても「愛車がいつもそばにある」ことだろう。

 

ビルトインガレージの設計次第で、リビングから自慢の愛車を眺められるようにすれば、家でくつろぎながらも愛車を眺めることができる。

 

車好きにとってはたまらない瞬間であろう。

 

家に招いたときもついつい自慢したくなるのではないだろうか?ビルトインガレージはいつでも愛車を眺められるのが大きなメリットである。

 

雨に濡れずに家に入れる

ビルトインガレージの意外なメリットは「雨に濡れない」ということである。

 

ガレージ内は雨風をしのげるため、設計次第では雨天時も雨に濡れることなく家の中に入ることもできる。

 

これは子供が小さいときや、近所のお買い物に便利な機能である。

 

ガレージは男のためだけではないということも大きなメリットである。

 

自分も愉しめるだけでなく、家族の幸せにも一役買ってくれるのがビルトインガレージのメリットである。

 

駐車場代の節約

ビルトインガレージは都心などの駐車場代が高くつく場合、大きなアドバンテージになる。

 

マイホームを建てるときにビルトインガレージにしてしまえば、駐車場を借りなくても良くなる。

 

都心では駐車場代が月に数万円になるなど、かなり高額である。

 

私は地方に住んでおり、駐車場代は都心の10分の1以下であるため、あまり気にならない。

 

だがもしも自分が都心で車を持とうとしたら、駐車場代は重くのしかかるであろう。

 

若者の車離れが叫ばれているが、維持費の高さは大きなハードルになっているのは間違いない。

 

スポーツカーの年間維持費は意外と安い?実際にシルビアでいくら掛かっていたのか計算してみた! 

 

ビルトインガレージのデメリットは?

出典:ビルトインガレージ

 

音がうるさく、排気ガスが家にこもる

続いてはビルトインガレージのデメリットである。ビルトインガレージのデメリットとして有名なのは「エンジン音が家中に響き渡ること」「排気ガスがくさい」ことである。

 

特にスポーツカーの場合、暖気が終わるまでは走りださない方が良い。

 

ピストン等が設計通り熱膨張する前に走り出すと、エンジンの異常摩耗などを引き起こす可能性があるからである。

 

S2000冷却系強化計画!まずはOBDモニターから「水温」をチェックせよ!

 

その間、ガレージ内で暖機運転をしていると、家中にエンジン音が響いたり、振動が伝わったりしてしまう。

 

これでは家にいる家族にとっては「迷惑」だし、気持ちのいいガレージライフを送れなくなってしまう。

 

排ガスのにおいも大きな問題である。

 

家の間取りが限られる

ビルトインガレージは家の中に愛車を収納するため、かなりのスペースを必要とする。

 

そのため「家が狭くなったり、間取りの自由度が下がってしまう」のである。

 

家の間取りが限られてしまうのは大きなデメリットである。

 

家族のことも考えなくてはならず、自分のやりたいことだけをやるわけにはいかない。

 

バランスを取ることは重要である。

 

家の価格が高くなる

ビルトインガレージは普通の家と違うため、家の価格は高くなる傾向がある。

 

大きな間口を持つビルトインガレージになると、木造では難しくなり、鉄筋コンクリートで作らなければならなくなることもある。

 

そうなれば家の価格は一気に高くなってしまうだろう。

 

これはビルトインガレージのデメリットである。

 

こんな人は「ビルトインガレージ」を検討すべき!

出典:ビルトインガレージ

 

ビルトインガレージのメリット>デメリットになる人

ここまでの内容を読んできた人ならわかると思うが、ビルトインガレージを検討すべき人はビルトインガレージのメリットがデメリットを上回る人である。

 

ビルトインガレージには多くのメリットもあるし、デメリットもたくさん存在する。

 

ビルトインガレージに限らないが、大きなメリットを感じるとき、その選択肢は有効になる。

 

愛車をショールームのようにディスプレイしたい人や、リビングなどで眺めていたい願望が強い人は、ビルトインガレージにすることで幸せになれるかもしれない。

 

愛車を護る「ガレージ」が欲しい!ガレージの構想から実現まで 

 


HOME 実燃費30km/L超えのロマンを求めて S2000チューニング日記 「福ちゃん」のプロフィール