いかにも燃費が上がりそうなのに、実は効果がなかったものランキングTOP5!

空力チューンで実燃費30km/Lを超えろ!

 

実験車両「ワゴンR」で燃費向上に失敗したものを紹介!

私は通勤用にワゴンRに乗り、高速道路を往復する毎日を送っている。

 

今現在、80%が高速道路という通勤ルートで、実燃費30km/Lオーバーを超えるために日々「チューニング」に取り組んでいる。

 

これまで数々のチューニングを施し、それらは毎日の「リアルな風洞実験」で効果を検証してきた。

 

そこで今回は、実際に燃費向上に失敗したチューニングについてランキング形式でまとめてみることにした。

 

リアルな風洞実験の結果を是非とも参考にして頂きたい。

 

空力チューンで実燃費30km/Lを超えろ!

 

 

 

第5位「エアクリーナーのアルミテープチューン」

エアクリーナーやエアインテークなどの吸気系アルミテープチューンで燃費向上できるのか

 

吸気量UPによる燃費向上を図ったが…

エンジンはガソリンと空気を一緒に燃やしてパワーを引き出すものであり、エアクリーナーはその空気がハイスピードで通過するゾーンである。

 

空気中のゴミを取り除くためのエアクリーナーを通過する際に大量の静電気が発生するのではないか?

 

と思って取り組んだのが、エアクリーナーやエアインテークのアルミテープチューンである。

 

しかしながら、燃費UPすることはできなかった。

 

発生する静電気を取り除くことによって、取り込める空気量を増やし、空燃比を燃費寄りにしようと企てたのだが、おそらく制御側で調整されてしまったのだろう。

 

リベンジと題して、色々アルミテープチューンの貼り方を色々試してみたが、パワーアップしたようなフィーリングは得られても、燃費UPにはつながらなかった。

 

リベンジ!エアクリーナーBOX内のアルミテープチューンで燃費向上せよ!

 

第4位「ステンレスたわしによるマフラーアース」

ステンレスたわしチューンは効果なし?噂のオカルトチューンを試してみた!

 

マフラーの排気抵抗を減らして燃費UP!しなかった…

ステンレスたわしチューンは、ある日みんカラで目にしたいわゆる「オカルトチューン」である。

 

100均で手に入るステンレスたわしをマフラーに括り付け、マフラーアースとしての役割を持たせるというものである。

 

マフラー内もエンジンから出る排気ガスが高速で流れる場所であり、エアクリーナー同様に静電気が発生することが予想される。

 

そこで、マフラーにアルミテープチューンを行う代用としてステンレスたわしチューンをやってみた。

 

これも残念ながら、燃費向上は一切しなかった。

 

しかし、気持ちトルク感がUPし、純正マフラーの排気音は明らかに小さくなったのである。

 

車内の静粛性UPとして考えれば、なかなか優秀なチューニングであったが、燃費UP目的としてはイマイチ効果がなかった。

 

ステンレスたわしチューンは効果なし?噂のオカルトチューンを試してみた!

 

第3位「フロントストレーキ」

空力チューン第2弾!エコカー必須装備の「フロントストレーキ」装着で超えろ30km/L!

 

純正装着率が異常に高い、もはや当たり前のド定番空力チューンだが…

新車を買えば、ほぼもれなく付いているのが「ストレーキ」である。

 

フロントはほぼ100%、リアは半々ぐらいだろうか、かなりの確率で標準装備されている。

 

しかし軽く10年落ちの愛車ワゴンRは、コストカットのためかストレーキは一切装着されていなかった。

 

そこで汎用品をストレーキ風に装着することで、燃費向上しようと企んだのだが、今一つ効果が出なかった。

 

考えられるのはストレーキが大き過ぎたことで、タイヤ正面の正圧を減らしてスムーズに回転させるどころか、逆に空気抵抗になってしまったことである。

 

何でもかんでも大きくすれば良いというものでもなく、物事にはちょうどいいバランスがあるということストレーキから学んだ。(笑)

 

空力チューン第2弾!エコカー必須装備の「フロントストレーキ」装着で超えろ30km/L!

 

第2位「エンジンオイルを低粘度のものに交換」

エンジンオイルの粘度を変えると燃費が上がる?5w30→0w20で効果を確認してみた!

 

低粘度のオイルにすればエンジンの負荷DOWNで燃費UP!しなかった…

燃費UPに欠かせないものはエンジン自体の効率UPである。

 

大排気量よりも小排気量、大パワーよりも小パワー、抵抗大よりも抵抗小の方が燃料は少なくて済む。

 

そこでエンジンオイルを今使っているものよりも「低粘度」にすれば、エンジンがスムーズに回転するようになり、その結果燃費UPするのではないかと考えた。

 

だがしかし、いざ実践してみると全くと言って良いほど燃費向上することはなかった。

 

頻繁にストップ&ゴーを繰り返す街乗りメインの用途なら効果があるのかもしれないが、私の場合、1日100km走るうちの約70%以上が高速道路である。

 

しかも80km/h一定で巡航しているため、エンジンの負荷は非常に小さく、エンジンオイルの低粘度化の恩恵は得られない用途である。

 

エンジンオイルの低粘度化は、いかにも燃費向上しそうなのに全く効果がなかった意外なチューニングであった。

 

エンジンオイルの粘度を変えると燃費が上がる?5w30→0w20で効果を確認してみた!

 

第1位「自作リアスパッツ装着」

空力チューン第9弾!リアタイヤを覆え!「リアスパッツ」の効果とは?

 

究極の空力マシンといえばこれ!なのに付けたら大幅燃費DOWN…(泣)

最も燃費向上しそうなパーツなのに、実際は大きく燃費が下がってしまったのは「自作リアスパッツ」である。

 

燃費向上に大きく影響するのは車体後方の造形であり、実はフロント側はそれほど重要ではない。

 

愛車ワゴンRは車内スペースを大きく取るためか、リヤタイヤの位置がギリギリまで車体後方にある。

 

リアタイヤが風車のようにぐるぐる高速回転することで、車体後方の空気の流れを著しく悪化させているのではないかと考えた。

 

そこで自作リアスパッツを装着し、スムーズに空気を流すことで大幅燃費向上できると思ったのだが、実際は大幅燃費ダウンであった。

 

この後、様々な工夫を凝らしてリアスパッツ装着前よりも大きく燃費向上できたため、今でもアイデンティティーとして愛用しているが、当時の落ち込み様は半端ではなかった。(燃費とメンタル両方)

 

空力チューン第9弾!リアタイヤを覆え!「リアスパッツ」の効果とは?

 

まとめ

ワゴンRで実燃費30km/Lを超えろ!プロジェクト30始動

 

試行錯誤すれば効果を引き出せる可能性は十分ある

挑戦すれば必ず失敗することがある。

 

何も最初から全てが上手くいくワケではないのである。

 

「失敗は成功のもと」というように挑戦しなければ失敗できないし、失敗なくして成功もない。

 

大事なのは失敗したあとどうするか?

 

例えば装着すれば絶対に燃費が良くなると思っていた「自作リアスパッツ」は見事に大失敗だった。

 

だがそこで諦めず、原因を一つずつ探っていきクリアしていくことで、今では自作リアスパッツを装着している方が良い燃費を発揮する状態まで持っていくことができた。

 

どうすれば上手くいくのか、自分の頭で考え、試行錯誤する瞬間が最も面白い。

 

是非ともその瞬間を愉しんで欲しい。

 

空力チューンで実燃費30km/Lを超えろ!

 

いかにも燃費が上がりそうなのに、実は効果がなかったものランキングTOP5! 関連ページ

空力バカが贈る!確実に燃費を上げるオススメの「空力チューン」TOP5!
空力チューン第1弾!流体力学の応用!嵐を呼ぶ男「ボルテックスジェネレーター」編
ボルテックスジェネレーターを使って燃費を12%上げた方法
ボルテックスジェネレーターによる空力チューンでミラーの風切り音を攻略せよ!
知らなきゃ損する!街乗り限定車の燃費を3km/L(27%)伸ばした方法とは?
燃費に悩む「セダン」をボルテックスジェネレーターによる空力チューンで攻略せよ!
フロントバンパーサイドに位置するカナード的ボルテックスジェネレーターの空力効果と燃費に与える影響とは?
向きや位置によっては効果が出ないボルテックスジェネレーター、実際に燃費向上に意味がなかった場所とは?
空力チューン第2弾!エコカー必須装備の「フロントストレーキ」装着で超えろ30km/L!
空力チューン第3弾!トヨタ考案のアルミテープチューンの効果はいかに?
アルミテープチューンで効果を引き出すための大きさ、形状、カット方法とは?
バンパーにアルミテープチューンを行うと、どれくらい燃費UP効果がある?
インナーフェンダーにアルミテープは有効か?いざ実践!
禁断の「アルミホイールにアルミテープ」、果たして効果は?
アルミテープチューン失敗例!実際に燃費悪化してしまった場所とは?
空気抵抗低減だけが能じゃない!アルミテープで燃費を上げるもう一つの方法とは?
アルミテープチューンは汚れで性能が落ちる?気になる噂は実機で検証せよ!
アルミテープチューンに導電性アルミテープは必要ない?粘着剤に導電性がなくても良い理由
純正スチールホイール内側のアルミテープチューンで燃費が上がる理由と効果とは?
ゲリラ雷雨で露呈したアルミテープの弱点とは?
アルミテープチューンは経年劣化で燃費性能が落ちる?劣化による影響を検証してみた!
エアクリーナーやエアインテークなどの吸気系アルミテープチューンで燃費向上できるのか
リベンジ!エアクリーナーBOX内のアルミテープチューンで燃費向上せよ!
空力チューン第4弾!リアバンパー穴開け加工でパラシュート効果をやっつけろ!
空力チューン第5弾!ドアバイザー外しで風切り音を低減せよ!
空力チューン第6弾!サイドステップ風エアロで横風侵入を防げ!
空力チューン第7弾!リアストレーキで回転抵抗を低減せよ!
空力チューン第8弾!純正ルーフスポイラー+ボルテックスジェネレーターは最強のエアロパーツ?
リアサイドの空気の流れをボンネットスポイラーで整流し、空気抵抗を減らせ!
「空力強化」純正ルーフスポイラー+自作延長スポイラーで更なる空気抵抗低減を実現せよ!
コアンダ効果を利用した自作リアサイドスポイラーで空気抵抗を減らし、燃費向上せよ!
純正リアウイングって効果あるの?空力的な効果と狙いを検証してみた!
空力チューン第9弾!リアタイヤを覆え!「リアスパッツ」の効果とは?
リアスパッツ改善プロジェクト第1弾!「問題点を洗い出せ!」
リアスパッツ改善プロジェクト第2弾!「リアバンパーに空気を送れ!」
リアスパッツ改善プロジェクト第3弾!「回転を妨げている意外な正体とは?」
リアスパッツ改善プロジェクト第4弾!「ボルテックスジェネレーターでリアスパッツ周辺の気流を操れ!」
リアスパッツ改善プロジェクト第5弾!「絶大な効果を示したリアスパッツ内のスペシャルチューンとは?」
フロントタイヤに当たる走行風を自作フェンダートリムで整流し、燃費UPせよ!
自作フロントディフューザーで空気抵抗を減らし、燃費を上げろ!
プラダンでフロントアンダーパネルを自作し、床下をフラットボトム化せよ!
自作リアディフューザーの効果検証!果たして燃費は上がるのか?
自作の断熱シートをボンネットに装着することでエンジンルームを保温し、燃費向上と静音化を実現せよ!
冬対策!秘技「グリル塞ぎ」で空気抵抗を減らし、吸気温度を上げよ!
燃費向上に必要性を感じない「マッドフラップ」は単なる泥除けなのか、それとも空気抵抗低減効果がある空力デバイスなのか?
空気抵抗を減らせ!GRエアロスタビライジングボディーコートによる帯電防止で燃費向上せよ!
エンジンオイルの粘度を変えると燃費が上がる?5w30→0w20で効果を確認してみた!
ステンレスたわしチューンは効果なし?噂のオカルトチューンを試してみた!
夏タイヤからスタッドレスに履き替えると、どれくらい燃費が下がるのか
インチダウン+低燃費タイヤで転がり抵抗を低減し、燃費UPできるのか?
鉄チンホイール+ディスクホイール状ホイールカバーで、空気抵抗を減らし燃費を上げろ!
高速で燃費向上を狙うならタイヤの空気圧は高めにセットし、転がり抵抗を減らせ!
高速道路で燃費を上げるテクニック「スリップストリーム」を有効活用しよう!
高速道路で実燃費を上げる3つの方法とは?
費用0円でできる燃費チューンとは?
ワゴンRで実燃費30km/Lを超えろ!プロジェクト30始動
街乗り燃費UPに欠かせない「アクセルOFF」のタイミングとは?
洗車をすると燃費は伸びるのか?粘性抵抗を制御することで燃費は上がるのか実験してみた
アクセル操作と燃費の密接な関係とは? 〜クルコンVS人間クルコン〜
充電制御車の見分け方とその仕組みを利用した燃費向上テクニックとは?
なぜプリウスは燃費が良いのか?答えは徹底的に空力性能を磨いたボディ形状にあり!
エコドライブ=安全運転ではない!燃費を上げたい人ほどコーナーは攻めなければいけないワケ
手動でアイドリングストップ!赤信号停止中の燃費悪化をどこまで食い止められるのか?

HOME 実燃費30km/L超えのロマンを求めて S2000チューニング日記 「福ちゃん」のプロフィール