空力チューン第2弾!エコカー必須装備の「フロントストレーキ」装着で超えろ30km/L!

空力チューン第7弾!リアストレーキで回転抵抗を低減せよ!

 

ストレーキは車種を問わずに採用されているグローバルスタンダードな技術

エコカーをよく見てみると必ず装着されているアイテムがある。

 

それは「ストレーキ」である。

 

そもそもストレーキと言われてもピンと来ない方もいるだろうということで、画像を用意してみた。

 

この画像はS2000タイプSであり、白い〇で囲まれている部分が純正採用されているストレーキである。

 

今現在、ストレーキはS2000だけでなく、エコカーやセダン、ミニバン、SUV、はたまたスーパーカーにも採用されているグローバルスタンダードな技術である。

 

それなのに我が愛車であるワゴンRには採用されていない。

 

調べてみるとスズキの車種で採用されているのはごくわずかであった。

 

残念ながらコストカットされているということだ。

 

記念すべき第2弾は「フロントストレーキ」による空力チューン

そこで今回は、コストカットによってフロントストレーキが装着されていないワゴンRに、お手製のフロントストレーキを装着し、実燃費30km/Lオーバーを狙ってみることにした。

 

空力チューンで実燃費30km/Lを超えろ!

 

 

 

ストレーキに期待する効果

出典:https://carcle.jp/UserBlog?UserID=5941

 

フロントタイヤの回転抵抗をなくすこと

上の画像を見て欲しい。これはNISMO GTRの空力シミュレーション結果である。

 

赤い部分が圧力の高い正圧で、青い部分が圧力の低い負圧部分である。

 

この画像をみると、フロントバンパーの前とフロントタイヤの前が真っ赤であることがわかる。

 

フロントバンパーの前が真っ赤になるのは容易に想像できると思う。

 

なぜなら前に走っているときに真っ先に空気と激突する部分だから、空気がたくさんあって圧力が高いのは自然なことである。

 

フロントタイヤ前の正圧をなくしたい

なぜフロントタイヤ前が正圧なのか私なりに考えてみた。考えられるのは

 

@走行中、前から当たる空気
Aタイヤの回転によってタイヤハウス内の空気が巻き込まれ、フロントタイヤ前に来てしまう

 

この2つが合わさった結果として起きてしまうのではないかと思う。

 

前から来た空気と上から来た空気が合わさることで、フロントタイヤ前に大きな空気の塊(正圧)を作りだしてしまうと考えられる。

 

空気抵抗を減らすためにやるべきこと 

 

フロントタイヤの回転抵抗を減らせ!

近くのスーパーオートバックスで安売りされていたJURANのunder  Fairing

 

ストレーキを装着するただ一つの理由「フロントタイヤの回転抵抗を減らせ!」

だが、私が乗っているmh23s型ワゴンRにはストレーキの設定がないのである。

 

S2000のように通常グレードには付いてないけどタイプSには付いてるよ、みたいな場合はディーラーに行って注文してポン付けでOK!なのだが、設定がないのではこのパターンは使えない。

 

ならばどうするか。

 

汎用品を買って付けるという選択肢を取ることにした。

 

セレクトしたのは近くのスーパーオートバックスで安売りされていたJURANのunder  Fairing。

 

安売りとはいえ5000円は高過ぎたと後で知ったのは内緒である。(笑)

 

横の断面がT字になっており、既に接着済みの両面テープとネジで固定するタイプのストレーキである。

 

もの自体はかなりしっかりしていてどっしりとした重さがある。

 

さすがに両面テープだけでは無理だということはすぐにわかった。

 

サイズも50cmが2本であり、取り付け面から50mmほど下まで張り出すようである。

 

実際に付けてみた

フロントタイヤに当たる走行風を自作フェンダートリムで整流し、燃費UPせよ!

 

スポーティーでカッコよくなった!

元々ストレーキの設定がなかったので、バンパーにドリルで穴を開けて装着した。

 

タイヤハウスのカバーがバンパーに固定されていたため躊躇したがぶった切った。

 

そうしないと平らな面を確保することができなかったので仕方ない。

 

この手の作業は初めてだったので結構手間取ったが、そこそこ見れる完成度だと思う。

 

取り付けの狙い

@バンパーに沿って付ける
ストレーキはバンパーの形状に沿って取り付けた。

 

一直線に付けるよりもバンパーに沿って付ける方が空気抵抗も少なく、きれいに流せると思ったからだ。

 

Aフロントタイヤをすっぽり覆う
前から当たる空気を減らしたかったため、フロントタイヤがすっぽり覆うくらいの特大サイズのままストレーキを取り付けた。
(実は切るのが面倒だった(笑))

 

いざ走行テスト!

インチダウン+低燃費タイヤで転がり抵抗を低減し、燃費UPできるのか?

 

 走行インプレッション

@フロントタイヤのふらつき感が減った
走り始めてから60km/hぐらいまでスピードをあげると、今までよりも何だかフロントが重いような感じを受けた。

 

もしかしたらフロントの揚力低下に効果があるのかもしれない。

 

A高速コーナーでの限界が上がった
高速道路の乗り降りやJCTなどでは高速コーナーが付きものである。

 

装着前は危なっかしくて60km/hで曲がるとなかなかのスリルを味わうことができたが、フロントストレーキ装着後は同じコーナーを60km/hで曲がっても装着前のようなスリルを感じなくなっていた。

 

要するに車体が安定しているということである。

 

B50km/hのとき面白いくらい前に進む
高速道路から降りて一般道を走行中に感じたのだが、50km/hのときの抵抗が全くなくなっているのである。

 

これには驚いた!まるで嘘みたいに楽に前に進んでくれるのだ!

 

だがその反面、50km/hよりスピードを上げると抵抗感を感じた。特に高速走行(80km/h巡航)ではダウンフォースとも抵抗とも判断できなかった。

 

C最初は良いが途中から抵抗感あり
高速を走り始めてすぐのときはストレーキを恩恵を授かることができたように感じたが、途中から抵抗感を感じるようになった。

 

何か別の要因が絡んでいるのかもしれない。

 

燃費はどうなったのか

プラダンでフロントアンダーパネルを自作し、床下をフラットボトム化せよ!

 

結論:燃費に変化は見られなかった。

体感上では変化を感じることができたが、燃費のデータでは変化は見られなかった。

 

体感で感じたことが確かであれば、高速区間と下道区間で燃費が上下しているかもしれない。

 

50km/hで素晴らしい効果を感じた半面、高速での80km/h巡航では抵抗感を感じたのは確かである。

 

もしかするとストレーキが大きすぎた?

そう感じずにはいられない。

 

純正採用されているストレーキと比べて明らかにサイズが大きいのである。

 

過ぎたるは猶及ばざるが如しということかもしれない。

 

だが私は極端にやった方が好きなので仕方ない。何でもかんでも大きくすればいいというわけでもないのが空力の面白いところである。

 

空気抵抗の正体とは? 

 

静電気が悪さしている?

私が疑っているのはこちらの方だ。

 

ストレーキ装着前には感じなかったような途中からの「タレ」のようなあの感じがストレーキ装着後には体感できた。

 

つまりタレてない最初の状態を維持することができれば必ず燃費にも良い影響が出るはずである。

 

ストレーキの材質がゴムまたはプラスチックなので静電気の帯電も怪しい。

 

次は静電気の除去をテーマにしてプロジェクト30を進めていきたいと思う。
空力チューン第3弾!トヨタ考案のアルミテープチューンの効果はいかに? 

 

空力チューンで実燃費30km/Lを超えろ!

 

空力チューン第2弾!エコカー必須装備の「フロントストレーキ」装着で超えろ30km/L! 関連ページ

空力バカが贈る!確実に燃費を上げるオススメの「空力チューン」TOP5!
空力チューン第1弾!流体力学の応用!嵐を呼ぶ男「ボルテックスジェネレーター」編
ボルテックスジェネレーターを使って燃費を12%上げた方法
ボルテックスジェネレーターによる空力チューンでミラーの風切り音を攻略せよ!
知らなきゃ損する!街乗り限定車の燃費を3km/L(27%)伸ばした方法とは?
燃費に悩む「セダン」をボルテックスジェネレーターによる空力チューンで攻略せよ!
フロントバンパーサイドに位置するカナード的ボルテックスジェネレーターの空力効果と燃費に与える影響とは?
向きや位置によっては効果が出ないボルテックスジェネレーター、実際に燃費向上に意味がなかった場所とは?
空力チューン第3弾!トヨタ考案のアルミテープチューンの効果はいかに?
アルミテープチューンで効果を引き出すための大きさ、形状、カット方法とは?
バンパーにアルミテープチューンを行うと、どれくらい燃費UP効果がある?
インナーフェンダーにアルミテープは有効か?いざ実践!
禁断の「アルミホイールにアルミテープ」、果たして効果は?
アルミテープチューン失敗例!実際に燃費悪化してしまった場所とは?
空気抵抗低減だけが能じゃない!アルミテープで燃費を上げるもう一つの方法とは?
アルミテープチューンは汚れで性能が落ちる?気になる噂は実機で検証せよ!
アルミテープチューンに導電性アルミテープは必要ない?粘着剤に導電性がなくても良い理由
純正スチールホイール内側のアルミテープチューンで燃費が上がる理由と効果とは?
ゲリラ雷雨で露呈したアルミテープの弱点とは?
アルミテープチューンは経年劣化で燃費性能が落ちる?劣化による影響を検証してみた!
エアクリーナーやエアインテークなどの吸気系アルミテープチューンで燃費向上できるのか
リベンジ!エアクリーナーBOX内のアルミテープチューンで燃費向上せよ!
空力チューン第4弾!リアバンパー穴開け加工でパラシュート効果をやっつけろ!
空力チューン第5弾!ドアバイザー外しで風切り音を低減せよ!
空力チューン第6弾!サイドステップ風エアロで横風侵入を防げ!
空力チューン第7弾!リアストレーキで回転抵抗を低減せよ!
空力チューン第8弾!純正ルーフスポイラー+ボルテックスジェネレーターは最強のエアロパーツ?
リアサイドの空気の流れをボンネットスポイラーで整流し、空気抵抗を減らせ!
「空力強化」純正ルーフスポイラー+自作延長スポイラーで更なる空気抵抗低減を実現せよ!
コアンダ効果を利用した自作リアサイドスポイラーで空気抵抗を減らし、燃費向上せよ!
純正リアウイングって効果あるの?空力的な効果と狙いを検証してみた!
空力チューン第9弾!リアタイヤを覆え!「リアスパッツ」の効果とは?
リアスパッツ改善プロジェクト第1弾!「問題点を洗い出せ!」
リアスパッツ改善プロジェクト第2弾!「リアバンパーに空気を送れ!」
リアスパッツ改善プロジェクト第3弾!「回転を妨げている意外な正体とは?」
リアスパッツ改善プロジェクト第4弾!「ボルテックスジェネレーターでリアスパッツ周辺の気流を操れ!」
リアスパッツ改善プロジェクト第5弾!「絶大な効果を示したリアスパッツ内のスペシャルチューンとは?」
フロントタイヤに当たる走行風を自作フェンダートリムで整流し、燃費UPせよ!
自作フロントディフューザーで空気抵抗を減らし、燃費を上げろ!
プラダンでフロントアンダーパネルを自作し、床下をフラットボトム化せよ!
自作リアディフューザーの効果検証!果たして燃費は上がるのか?
自作の断熱シートをボンネットに装着することでエンジンルームを保温し、燃費向上と静音化を実現せよ!
冬対策!秘技「グリル塞ぎ」で空気抵抗を減らし、吸気温度を上げよ!
燃費向上に必要性を感じない「マッドフラップ」は単なる泥除けなのか、それとも空気抵抗低減効果がある空力デバイスなのか?
空気抵抗を減らせ!GRエアロスタビライジングボディーコートによる帯電防止で燃費向上せよ!
エンジンオイルの粘度を変えると燃費が上がる?5w30→0w20で効果を確認してみた!
ステンレスたわしチューンは効果なし?噂のオカルトチューンを試してみた!
夏タイヤからスタッドレスに履き替えると、どれくらい燃費が下がるのか
インチダウン+低燃費タイヤで転がり抵抗を低減し、燃費UPできるのか?
鉄チンホイール+ディスクホイール状ホイールカバーで、空気抵抗を減らし燃費を上げろ!
高速で燃費向上を狙うならタイヤの空気圧は高めにセットし、転がり抵抗を減らせ!
高速道路で燃費を上げるテクニック「スリップストリーム」を有効活用しよう!
高速道路で実燃費を上げる3つの方法とは?
費用0円でできる燃費チューンとは?
ワゴンRで実燃費30km/Lを超えろ!プロジェクト30始動
街乗り燃費UPに欠かせない「アクセルOFF」のタイミングとは?
洗車をすると燃費は伸びるのか?粘性抵抗を制御することで燃費は上がるのか実験してみた
アクセル操作と燃費の密接な関係とは? 〜クルコンVS人間クルコン〜
充電制御車の見分け方とその仕組みを利用した燃費向上テクニックとは?
なぜプリウスは燃費が良いのか?答えは徹底的に空力性能を磨いたボディ形状にあり!
エコドライブ=安全運転ではない!燃費を上げたい人ほどコーナーは攻めなければいけないワケ
手動でアイドリングストップ!赤信号停止中の燃費悪化をどこまで食い止められるのか?
いかにも燃費が上がりそうなのに、実は効果がなかったものランキングTOP5!

HOME 実燃費30km/L超えのロマンを求めて S2000チューニング日記 「福ちゃん」のプロフィール