「ダックテール」スポイラーだけが持つ、GTウイングには無い意外な空力効果とは?

出典:ポルシェ911

 

 ダックテールスポイラーとは

ダックテールスポイラーは文字の如く、アヒルの尻尾=ダックテールから来ている。

 

上の画像のように、ポルシェ911などはわかりやすい例で、車体後方に突き出すようにしてダックテールスポイラーが装着されている。

 

ダックテールスポイラーは単なる「デザイン」的なものではなく、空力を改善する「エアロパーツ」である。

 

そこで今回は「速く走るためになぜダックテールスポイラーが必要なのか」、ダックテールスポイラーの効果と考え方についてお話していく。

 

速く走るための空力チューン大特集!

 

なぜポルシェがダックテールスポイラーを付けるのか?理由と効果は?

出典:ポルシェGT3

 

911固有のボディ形状はリアが「リフト」して危ない

ポルシェのダックテールスポイラーは他の車種に比べて明らかに「過激」で、大きさと跳ね上げる角度の2つが大人げないほど強烈である。

 

なぜポルシェのダックテールはこれほど過激なデザインなのかというと、ポルシェ911の独特なボディ形状による空力的なデメリットを打ち消すためである。

 

ポルシェはルーフからリアバンパー後端まで一気に吹き降ろすようなボディ形状をしている。

 

ポルシェのボディ形状は、流線形に近く空気抵抗が少ないが、それゆえ「リアがリフト」してしまうのである。

 

フロントのダウンフォースのカギを握る「フロントアンダーパネル」の効果を最大限に発揮させる方法

 

そのため、ポルシェ911は過激なダックテールスポイラーを装着することで、デメリットを打ち消そうとしているのである。

 

ダックテールスポイラーの効果は「リフト」を「ダウンフォース」に変える!

ダックテールスポイラーは見たまんまの効果で、空気を上向きに跳ね上げるように装着されている。

 

ルーフから斜め下に吹き下ろしてくる空気の流れをダックテールスポイラーが上向きに跳ね上げる。

 

コアンダ効果を利用した自作リアサイドスポイラーで空気抵抗を減らし、燃費向上せよ!

 

すると、空気の流れが下向きから上向きに向きを変え、その反作用(壁を押したら壁に押し返されるのと同じ効果)によって車体は下向きの力を受ける

 

ダックテールスポイラーによる空力的な効果は、空気の流れを変えて「ダウンフォース」を稼ぐことを狙いとしている。

 

ダウンフォースが発生する原理や仕組みは市販車とF1で変わらない理由

 

ダックテールスポイラーによってもたらされる「意外な空力効果」とは?

出典:ムーンクラフト (上:ダックテールなし、下:ダックテールあり)

 

リアディフューザーの効果を高める!なんとダウンフォースを9.8%もUP!

ダックテールスポイラーの有無によって、リアバンパー下部(リアディフューザー)のダウンフォース量がなんと9.8%UPするというデータがムーンクラフトより公表されている。

 

ダックテールを装着することで、ボディ上面に発生するダウンフォースとは別にリアディフューザーの効果が9.8%も上がるなんて驚きの効果である。

 

「リアディフューザー」の効果はリアのダウンフォース獲得だけじゃない?知られざるリアディフューザーの効果とは?

 

ダックテールなしの場合、車体床下の空気の行き場がない

ダックテールなしの場合、ルーフから吹き降ろしてきた空気の流れはそのまま車体後方まで吹き降ろしていくことがわかる。

 

車体付近だけでなく、はるかに上の方の空気も下向きに流れている。

 

そのためか、車体床下を通る空気は上手く流れずに剥離してしまい、渦を巻いているようにも見える。

 

空気抵抗と密接な関りがある「境界層剥離」、その原理とメカニズムに迫る!

 

これはルーフから吹き降ろす空気の流れによって、車体床下を通ってくる空気の行き場がないことが原因である。

 

その結果、スムーズに空気が車体床下から抜けないため、リアディフューザーの効果が発揮できず、ダウンフォースを稼げなくなってしまっている。

 

フロントのダウンフォースのカギを握る「フロントアンダーパネル」の効果を最大限に発揮させる方法

 

ダックテール装着によって「リアディフューザー」と「GTウイング」が機能する!

「スワンネック」が従来型GTウイングより強力なダウンフォースを発生させる理由

 

小さくてもダックテールスポイラーの効果は大きい

ダックテールありの場合、ルーフから吹き降ろしてきた空気の流れがそのまま車体後方まで吹き降ろすことなく、ダックテールによって跳ね上げられる。

 

その結果、車体上部の空気の流れは下向きから水平方向に変化している。

 

ダックテールによって空気が跳ね上げられているためか、ダックテール直後の空気が上向きに流れていることが画像より見て取れる。

 

つまり、ダックテール装着によって空気が跳ね上げられ、車体後方を負圧気味にすることで、強制的にボディ床下から空気を引き抜かせる効果があるということである。

 

このことはボディ下面の流速が速まっていることからも明らかである。

 

ダックテール装着によってリアディフューザーの本来のポテンシャルを引き出すことができるというわけである。

 

空気抵抗軽減だけがボルテックスジェネレーターじゃない!ボルテックスジェネレーターでリアディフューザーの性能を引き出せ!

 

ダックテールスポイラーはGTウイングの性能を引き出してくれる「優れモノ」

ダックテールスポイラーの効果は「リアディフューザー」だけでなく、「GTウイングの性能」までも引き出すことができる。

 

まるでGTウイングの「補助」をするように、GTウイングの作り出す空気の流れをダックテールスポイラーが「下から」支える

 

その結果、「導風板」のようにダックテールスポイラーが機能し、GTウイングが2枚あるかのように働く

 

当然リアのダウンフォースもUPするというわけである。

 

速く走るためには小さくても「ダックテールスポイラー」が必要!


「リアディフューザー」の効果はリアのダウンフォース獲得だけじゃない?知られざるリアディフューザーの効果とは?

 

速さを求めるなら、たとえ小さくても「ダックテールスポイラー」を装着せよ!

私が86おじさんの86を見て、まず足りないと思ったのは「ダックテールスポイラー」である。

 

説明してきたように、ダックテールスポイラーは「速さに直結」する

 

ダックテールスポイラーは、リアディフューザーの性能を引き出し、GTウイングの性能までも引き出す「優れモノ」である。

 

ダックテールスポイラーを装着した86おじさんの86は、リアの安定感が増してアクセルを踏めるようになり、サーキットで速くなった。

 

ダックテールスポイラー装着によって、86おじさんの86と同じことがあなたの愛車でも起こるのは間違いない。

 

なぜGTウイングは「ハイマウント」で「幅広サイズ」なほどダウンフォースを稼げるのか

 

速く走るための空力チューン大特集!

 

「ダックテール」スポイラーだけが持つ、GTウイングには無い意外な空力効果とは? 関連ページ

「群馬神風レーシング」4AG86で筑波1分切りに挑んだ2020ハチロク祭りの思い出
GTウイングを更に効かせる禁断の100均自作ボルテックスジェネレーター使用法!
なぜGTウイングは「立たせる」より「寝かせ気味+ガーニーフラップ」の方が効く?
フロントのダウンフォースのカギを握る「フロントアンダーパネル」の効果を最大限に発揮させる方法
「カナード」でダウンフォースを最大限発揮させる枚数、形状、装着位置とは?
カナードはフロント専用じゃない!「渦」を活かした「リアに効く」カナード活用法とは?
「リアディフューザー」の効果はリアのダウンフォース獲得だけじゃない?知られざるリアディフューザーの効果とは?
「サイドスカート」でグラウンドエフェクト効果を生み出し、コーナリングスピードを上げる方法
フロントのダウンフォース向上にダクト付きフロントフェンダーが有効な理由
なぜ「ガーニーフラップ」を付けるとダウンフォースを稼げるのか
「エアロボンネット」の冷却性能とダウンフォースを最大限引き出す方法
なぜGTウイングは「ハイマウント」で「幅広サイズ」なほどダウンフォースを稼げるのか
「スワンネック」が従来型GTウイングより強力なダウンフォースを発生させる理由
空気抵抗軽減だけがボルテックスジェネレーターじゃない!ボルテックスジェネレーターでリアディフューザーの性能を引き出せ!
ボルテックスジェネレーターでフロントダウンフォースを稼げるか?フロント車体下のアンダーパネルで実験せよ!
なぜスピードが上がれば上がるほど「ダウンフォース」は発生するのか?
ダウンフォースが発生する原理や仕組みは市販車とF1で変わらない理由

HOME 実燃費30km/L超えのロマンを求めて S2000チューニング日記 「福ちゃん」のプロフィール