希少な直6搭載のFRセダン!アルテッツァ(AS200)をS2000乗りがバカ正直に試乗レビュー!

比較対象の愛車S2000はチューニングカーである(S2000をもっと愉しむチューニング

 

比較対象は愛車S2000 タイプV(AP1-130系)

 

私の愛車はS2000である。ワゴンRで通勤する一方、休日はセカンドカーである「S2000」に乗る。

 

ホンダ50周年記念として開発され、市販車としては異常なまでのこだわりを持って世に出された。

 

S2000のためだけに専用設計されたシャーシ、エンジン、ミッションなどによって、その走りはかのF1を彷彿とさせるレーシングで官能的なものである。

 

私にとってS2000は単なるスポーツカーではなく、心の拠り所であり、私の魂である。

 

そこで今回は、スポーツカーをこよなく愛するS2000乗りの私が、直6エンジンを搭載するFR車「アルテッツァ 」に試乗して感じたことをまとめてみた。

 

S2000乗りのバカ正直な試乗レビュー!噂のあの車の走りはいかに?

 

 

 

「アルテッツァ(AS200)」のスペックをS2000と比較

ワインディングロードにて試乗させて頂いた「アルテッツァ 」

 

アルテッツァ(AS200)と愛車S2000のスペックを比較してみた
主要スペック アルテッツァ(AS200) 愛車S2000(AP1-130系)タイプV

エンジン
(内径×行程)

1G-FE (NA)直6
(75.0mm × 75.0mm)

F20C (NA)直4
(87.0mm × 84.0mm)

排気量 1988cc 1997cc
馬力 160PS / 6200rpm 250PS / 8300rpm
トルク 20.4kg・m / 4400rpm 22.2kg・m / 7500rpm
車重 1310kg 1270kg
駆動方式 FR FR
トランスミッション 4AT 6MT
サスペンション(前/後) 前後ダブルウィッシュボーン 前後ダブルウィッシュボーン

 

販売当初、ハチロクこと「AE86」の再来として大いにスポーツカーファンを盛り上げた「アルテッツァ」だが、ふたを開けてみればスポーティーな4ドアセダンであった。

 

車重も1300kg台とAE86に比べると1.5倍近く重く、セダンであったため、アルテッツァに「ライトウェイトスポーツ」を求めたファンは落胆の色を隠せなかったのである。

 

アルテッツァは大きく分けてRS200とAS200の2グレードがあり、RS200は210馬力の直列4気筒エンジンを搭載したハイパワー版で、AS200は160馬力の直列6気筒搭載のプレミアムセダンである。

 

普通は多気筒エンジンのAS200の方が上位グレードだと思われるが、アルテッツァの場合は直4のRS200の方が上位グレードである。

 

今回試乗したアルテッツァはAS200の直6搭載モデル(4AT)であり、MTではないが直6エンジンを愉しめる希少な車である。

 

果たして直6搭載の「アルテッツァ」の走りはどれほど愉しいものなんだろうか?

 

実際に試乗して、両者の特徴を比べてみようではないか。

 

ちなみに今回試乗したアルテッツァは 、ディーラーによる街乗り試乗ではなく、ワインディングロードでの試乗レビューである。

 

プレミアムセダンVS軽自動車ワゴンR、車内の静粛性対決で勝つのはどっちだ?

 

スポーツカーのエンジンとして愉しいエンジンはどっち?

アルテッツァのエンジンルーム

愛車S2000のエンジンルーム

 

直6エンジンは「精密さ」が愉しい

 

アルテッツァのエンジンは、トヨタの直列6気筒NAエンジン(1G-FE)である。

 

排気量は2Lであり、愛車S2000と実質同クラスである。

 

カタログでは160馬力をマークするアルテッツァのエンジンはどれほど愉しいだろうか?

 

ワインディングロードを走行した感想としては「シルキーシックスと評される直6エンジン特有の緻密で滑らかなフィーリングが何ともたまらない」と感じた。

 

アルテッツァのパワー感は、同じ2Lで160馬力のS15シルビア(NA)と同等のパワー感で、S2000とは勝負にならない。

 

だが、絶対的なパワーでは完敗だが、直6エンジンの「フィーリング」は趣のある何とも言えない気持ちよさがあったのは事実である。

 

荒々しくドラマティックなS2000と緻密な回転フィールが気持ちいい直6アルテッツァ

 

アルテッツァとS2000のエンジンは、レッドゾーンが6000中盤、9000回転と明らかに設計思想の異なるエンジンである。

 

S2000のVTECエンジンは、6000回転あたりから上はまるで「レーシングカー」のように、甲高いホンダミュージックを奏でながら、豪快に荒々しく9000回転まで昇り詰めていく感覚である。

 

それに対してアルテッツァの直6エンジンは、アイドリングからレッドゾーンまで「緻密で奥深いフィーリングのまま」レッドゾーンまでフケ上がっていく。

 

3000回転くらいまではジェントルでプレミアムな静けさがあるものの、そこからレッドゾーンまでは振動の少ない洗練されたフィーリングで、ある意味「官能的」ですらある。

 

アイドリング中の振動が異様に少ないのも直6エンジンの特徴だろう。

 

アルテッツァの直6エンジンは2Lで160馬力と正直全然速くないのだが、妙に気持ちいい。

 

直6エンジンの持つ「駆け抜ける喜び」に、魅了される人がいるのも納得の「愉しさ」がそこにはあった。

 

吸気温センサー移設でS2000の封印されしパワーを目覚めさせよ!

 

コーナリングが愉しいのはどっち?

今回試乗したアルテッツァは「4AT」愛車S2000の内装はめっちゃシンプル

 

直6アルテッツァは「コーナリングスピード」を競うようなタイプの車ではない

 

今回試乗したアルテッツァは4ATの直6エンジンを搭載した「プレミアムセダン」であり、S2000のようにコーナリングスピードを競うタイプの車ではない。

 

ミッションはトルコン式の4速ATであり、パドルシフトもないゲート式はさすがに「時代遅れ感」が否めない。

 

AS200には6速MTを搭載したグレードがあり、直6エンジンの気持ちよさを存分に味わうには最低でも5ATは欲しいところである。

 

ただ、直6エンジン搭載のアルテッツァが「単なるオヤジ車」かと言われると、そうではない。

 

そこには大人のインテリジェントな「スポーツ」があった。

 

アルテッツァには「駆け抜ける喜び」がある

 

アルテッツァは、BMWの3シリーズやメルセデスベンツのCクラスをライバルとして生み出されたプレミアムセダンであり、レクサスブランド第一弾の「IS」として売り出されていた車でもある。

 

ISとはインテリジェントスポーツの略であり、そもそもが目を三角にしてサーキットを攻めるような車ではないのである。

 

当然、日常領域での快適さはマストであり、そこにワインディングでの「大人なスポーツ」が感じられればOKなのである。

 

そういった視点から見たアルテッツァは、素晴らしいバランス感覚を持っている。

 

着座位置もコンパクトカーよりは明らかに低いが、乗り降りがしにくいほどではなく、ステアリングも重めだが、ステアリング操作と車体の動きにミスマッチは感じない。

 

愛車ワゴンRなどはステアリング操作に対して「遅すぎる動き」だが、愛車S2000ではステアリング操作に遊びが無く、クイックすぎる。

 

その点、アルテッツァは非常にちょうどいいスポーツさで、ドライバーと同乗者がどちらも快適なドライブを愉しめる「インテリジェントスポーツ」である。

 

フレーム修正級のクラッシュの修理代は?S2000でクラッシュしてみてわかったこと

 

ブレーキングが愉しいのはどっち?

アルテッツァ:片押しキャリパーだが、ブレーキの効きは十分

愛車S2000:ENDLESSの鍛造モノブロックキャリパー+FD3Sリアブレーキ流用

 

アルテッツァは兄貴分のブレーキ搭載でブレーキ性能もGood

 

アルテッツァのブレーキはレクサスISを意識してか、兄貴分のブレーキが奢られている。

 

そのため、アルテッツァの車格に対してブレーキ性能が勝っており、実際のフィーリングや効きは十分である。

 

ワインディングロードでの快速ドライブにおいても「不安感」は微塵も感じさせず、気持ちよく走ることができた。

 

レバーによるシフトダウンに気持ちよさはなかった

 

残念ながら、アルテッツァの4ATでは「自動ブリッピング機能」はなく、ATレバーでシフトダウンしたときに明らかに「ショック」がある。

 

そのため、3→2速にシフトダウンしても直6エンジンの「官能的な調べ」は愉しめず、本当にもったいないと思ってしまった。

 

6速MTであれば、最高に愉しめるだろう。

 

S2000のシートはレカロのフルバケに限る!私がレカロRS-Gを勧めるワケ

 

結論:アルテッツァは貴重な直6FRセダンのプレミアムな走りを愉しめる車

アルテッツァ

 

コンパクトな車体で直6搭載のFRセダンの魅力を愉しむにはアルテッツァしかない

 

絶対的なエンジンパワーはないものの、「直6エンジンの官能的なフィーリング」や「駆け抜ける喜び」を味わえる直6エンジン搭載のアルテッツァは十分愉しい車である。

 

「もし6速MTで直6エンジン搭載のアルテッツァの走りを愉しめたら…」と妄想してしまうほどにアルテッツァの走りは愉しく、プレミアム感を味わえる。

 

アルテッツァにもまた、愛車S2000と同じように「この車でなければ味わえない世界がある」のも事実である。

 

現行車では絶滅危惧種の「NA直6エンジン搭載のコンパクトなFRセダン」。

 

アルテッツァは愛車S2000とは全く異なる思想のもとに生まれた車だが、同じくらい魅力的な「インテリジェントスポーツ」であった。

 

S2000乗りのバカ正直な試乗レビュー!噂のあの車の走りはいかに?

 


HOME 実燃費30km/L超えのロマンを求めて S2000チューニング日記 「福ちゃん」のプロフィール